Top
ぶらり家島、坊勢の旅 ①グルメ編




なんだか国営放送が好みそうなベタなタイトルですが
今年初の食いしん坊倶楽部活動を、瀬戸内海の播磨灘に浮かぶ坊勢(ぼうぜ)島にて
遂行してきました。(もっと普通に言えんか~)


dvoさんから、坊勢の鯖しゃぶが美味しいみたいよとメールが届いたとき
坊勢? それどこ?
初耳だったのでさっそくググってみたら
姫路港から30分ほど船に乗ると着く島のよう。
地図を見る限りでは、あと同じ時間乗船したら
香川県の小豆島へ着いてしまいそうな地理事情です
で、テレビの情報番組で取材されていたのが
美味しい鯖しゃぶを食べさせてくれるお店だったそうです
3人とも鯖星人なので即決定しました。



自宅を7時過ぎに出て島へ到着したのが10時半。
歩いて島を一周しても1時間半ほどなので散策していたらちょうどいい昼ごはんどきになる、
なんとナイスな♪ 時間が符号しすぎる~♪
ですがここで無情の雨がポツポツとオムニダ・・
しゃーない。一周は無理であってもとりあえず島の展望台へは行ってみよう
と気持ちを切り替えて散策スタート♪


そして、スタート開始すぐに、あるおじさんと出会っちゃったわたしたち、
(とても長くなるので「②人情編」として次に回しますワ)
そのおじさんネタは端折ってと。。
船を降りるといきなり漁船たちが出迎えてくれ
a0229217_7382114.jpg
物言わぬ彼らに挨拶するように歩いていくと色鮮やかな橋が目に飛び込んできます
「弁天島」
a0229217_7365161.jpg
昔ばなしを読んでみると、
昔むかし、、、
「磯吉」という漁師には「おしず」という娘がいた
おしず可愛さに漁場を荒らすほど無法に捕り漁る磯吉は漁師仲間から嫌われていた
心を痛めたおしずは磯吉にやめるよう頼むが聞く耳を持たない。
その後も小さな魚までごっそり捕り、とうとう龍神様の逆鱗に触れ 海は大嵐、磯吉は遭難寸前。
おしずは、もはやこれまで、と海へわが身を投じ島の幸いを救った・・
そのとき大きな水柱が上がると共に大きな岩が現れた。
娘を亡くした磯吉は心を入れ替え、おしんの化身である岩に社殿を建立
信仰深い真面目な漁師になったとさ。。
(一部「家島の昔ばなし」より抜粋引用)
子々孫々受け継がれていく昔話は心がキュンとなってええね。




弁天島(神権伝説の島)をあとにし、向かう先は展望台。
この階段を上がって展望台へ。運動不足がたたり結構しんどい(笑)a0229217_7443727.jpg


着いたー! 
だが。播磨灘を見下ろすも雨がしとしと降っていて
これ↓わかります?
a0229217_745434.jpg
中央にぼんやり見えるのが「二十四の瞳」の舞台としてあまりに有名な
小豆島なんですが空と海の色に同化しちゃって残念な景色でした 




残念ついでに他の写真も載せときます
彼方に見えるは男鹿(たんが)島
a0229217_7453122.jpg
採石場跡が痛々しい・・



長くなったわ。。 このあとの続きも次にまわそ。
ではいよいよ、本日のメインイベント
待ってました昼食タイム~♪
「乱菊すし」の鯖しゃぶコースです
じゃーん。
a0229217_7463680.jpg
こんなに色艶やか&豊満な鯖子さんは見たことがありませぬ~
鯖 美子ちゃんへ
あなたの命をわたしたちの命に代えさせて「いただきます」



スライス後・・
a0229217_7471580.jpg
これ1人前やからね。。



コースの最初に出てくるのがお刺身で甘くてジュワ~な旨味が絶品でした
2しゃぶで食べる鯖しゃぶ
a0229217_7544611.jpg
しゃぶしゃぶ中の写真とか、ざっくり無し。
しかも〆だった牡蠣の潮汁を最初に載せてるしぃ。
でも心配ご無用、chidoriさんが撮ってくれてはるからネ~


鯖しゃぶは鯖独特の臭みもまったくないし、
いや~ホンマ美味しくて発狂寸前、悶絶の三人官女でした
十分お腹は膨れたんだけど、後ろのお席のかたが注文した渡り蟹を見た途端
「わたしたちもお願いします!」 
いよっ!それでこそ食いしん坊倶楽部!


でかい。
a0229217_843893.jpg



生きてる。
a0229217_845468.jpg



筋肉がまだピクピクしているけれど。
a0229217_851513.jpg
a0229217_885068.jpg
卵部分だけいただきます


身は薄味でさっと煮て。
a0229217_8122338.jpg




ここでdvoさんchidoriさんへお詫び~
カンジャンケジャンが醤油付けでした。
ヤンニョンケジャンが辛し入り。。勘違いしててミアネ




胃袋も劇的に大興奮、さらに熱燗でほろ酔い
このままここに泊まりたーい! 酔いどれモードでそう思ったけどそうはいかず
名残惜しいけれどオーラスは穴子のにぎりです
a0229217_817661.jpg
きーー!何なのこの美味しさは。
名物とおっしゃるだけあります
こんなに美味しい穴子は30年以上生きていますが(文法おかしい)初めてでした


店内はちちんぷいぷいを観て来店されたかたばかりで満席
報道に偽りなし(笑)、新鮮な海の幸を食べてる~ な充足感を存分に味わった
楽しい定例会でした♪
小さな命たちよ ありがとう。




P.S.
妹がFacebookを始めたので改めてボタン表示しときます
そちらもよろしくネ♪
Mちゃん、気が向いたらLikeボタンポチってなー
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-01-22 08:35 | 食いしん坊倶楽部
<< ぶらり家島、坊勢の旅 ②人情編 | ページトップ | ガス料金値下げ希望 >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin