Top
カテゴリ:奈良( 5 )
Top▲ |
當麻寺へ



もう20年ほど前から行きたかった奈良のお寺「當麻寺(たいまでら)」へ
ようやっとのことで行ってきました。
a0229217_1035483.jpg




a0229217_1035827.jpg



前週は唐招提寺へ行ったので2週続けての奈良、
唐招提寺はとても涼しかったのですが、この日は暑くて暑くて
体は まるで太陽を背中にしょってるかのごとく燃えてました。


a0229217_10361788.jpg

a0229217_10365886.jpg


日本最古の梵鐘だそうです
「国宝」a0229217_10364393.jpg



暑くなかったらこの静謐さにうっとりするところですが
うっかり佇んだら発酵しそうでしたので
奥院に庭園があるとのことで、お参りもせんとひたすら歩きます。



若干涼を感じますが この日陰だけでしたa0229217_1040151.jpg




ちょいと時期が悪かったネ 蓮池を見ていても暑くてうだってましたa0229217_10403513.jpg




お約束の鉢攻めの蓮
a0229217_10465033.jpg




まだ山アジサイが咲いていましたa0229217_10472850.jpg




さ、帰ろ。

門前町というには、民家のみのひっそりとした趣です。
a0229217_10552242.jpg


a0229217_10561081.jpg






歩いていたら、こちらの家主オジサマに呼び止められました
a0229217_10571083.jpg





桜の朽木を探し皮を剥ぎ、灯りにしたという自信作
このあと暗室へも招待されました (笑)
a0229217_1058298.jpg




知り合いの作家さんのやねん、と。
a0229217_10585567.jpg

a0229217_1059949.jpg



ツバメの巣のために、自作床も設置されたそうです。a0229217_10592280.jpg



極めつけは、空缶再利用のエコ風鈴。
a0229217_1153097.jpg
悪しき盗人がおるそうですヨ。


オジサンのお話しは楽しかったのですが、なにぶん暑くてヘロヘロだったので
ひと通り鑑賞したあと、ほなお元気で~ と去りました。
道の駅へGO!


+++


ふたかみパーク當麻で、まずは腹ごしらえです
a0229217_11104331.jpg

期待せずに食したら、美味しいではありませんか♪
オバサマたちが数名できりもりして、すべて手作りのようです


とくにレンコン饅頭は、エビやユリネがごろごろ入ってて意外作! 感動モンでした♪
コーヒーゼリーは100円という安さに釣られて注文しました
a0229217_11142850.jpg



新鮮野菜も買えたし、暑かったけど
終わり良ければすべて良し、の奈良當麻寺散策でした



■ 道の駅 ふたかみパーク當麻のサイトは こちら です



+++



アールの出産予定は9月ですが、早まるかもしれません
しばらくの間、コメント欄は閉じることが多くなると思いますが
何かありましたら、お気軽にメッセージやひとことを残してくださいネ。
エキサイトプロフィールから入るのかな?
facebookしてはるかたはそちらからでも、ではよろしく~♪
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-07-28 11:35 | 奈良
悠久のときを越えて、唐招提寺へ



有名なお寺や観光地へ行ったときのブログUPとなると、写真のよしあしより文章がキツイです
張りきって書き上げた力作に限って何をどうしたのか消してしまうことが往々にしてあるので
今回は、ゆっくり書いてみよと気合も入れたのもあり、臨戦態勢の構えで下書きすることにしました。
ですが。ですがなんてことー
「保存しますか?」
ってパソは訊いてくれているというのに
「いいえ」にしてんー!
ほぼ仕上げに近くなってきたものを、一瞬のできごとでした・・
唐招提寺サイトも見ながら作業してたのに
も、キーボードに頭つっぷしたろ思いましたわ。
たっぷり眠って頭は冴えてるはずなのに転ばぬ先の杖で転んじゃって手の施しようがありません。
やはり睡眠時間は長すぎてもあかんようです



それにしても再度 作り直すほど労力と時間の無駄遣いもありませんね
ましてお寺ネタともなると なかなか・・。
てことで当初の予定とは違い、淡白にまいります
南大門をくぐると目に入るのは国宝金堂です
a0229217_14182842.jpg

伽藍には盧舎那仏・薬師如来・千手観音の三尊が祀られてありますが撮影禁止。
盧舎那仏と「毘」がついた毘盧舎那仏との違いが分かりませんでしたが
どうやら同じみたいです。光明遍照の意味らしい。
片隅まであまねく、光を照らしてくれるのだろう。か?

ここの千手観音は本当に手が千本あるって聞いたけどこの日は数えませんでした。
また、講堂内にある脇手の全パーツをばらしての平成の大修理の写真は圧巻でした







金堂を左へ行くと見えてくるのが、右手に見える戒壇ですa0229217_14184478.jpg



中を覘いてみると、タージ・マハル似の頭部が!
a0229217_14191827.jpg


僧になるための授戒が執り行われていたところで
証人として僧侶たちが数名鎮座していたそうです






来た小径を戻ると左に蓮池がありますが、開花度ゼロでがっかりですa0229217_14193632.jpg






左折 (笑) してそのまま真っ直ぐ行くと お坊さんたちが寄宿する本坊が見えてきますa0229217_1420419.jpg






本坊へ着くまでに避暑地がございましたが腰をかける勇気はありませんでしたa0229217_14202222.jpg






木陰はとても涼しかったです
a0229217_1425311.jpg






本坊では鉢植えの蓮が咲いていてくれましたa0229217_14211297.jpg


a0229217_14212811.jpg


a0229217_14214466.jpg






では歴史を感じさせる情感溢るる造りをどうぞ♪(手抜き技法)
a0229217_14274320.jpg





a0229217_1422973.jpg





a0229217_14223732.jpg





a0229217_1425677.jpg





こちらは比較的新しおますa0229217_14283761.jpg






本坊を出て、奥の院?、唐招提寺を創建された鑑真和上の御廟へ。
モコモコとうねった苔絨毯に息をのみながら突き進むと・・
a0229217_14292191.jpg




いざお墓。独特の雰囲気が漂っています
大僧侶の墓所とあり、参拝客も多く正面からは撮れず。a0229217_14294516.jpg





お参りを済ませ、ってしてへんワ。。 
戻りながら また苔庭に目をやります。
左におじさんがずっと佇んでおられたのでアシンな写真だけど。
a0229217_1430654.jpg







鐘楼にかかる梵鐘は平安時代の、奥に見えます鼓楼(舎利殿)は鎌倉時代のものだそうで
とても感慨深いです
a0229217_14303113.jpg





a0229217_1431223.jpg





ひこうき雲とお堂の妙a0229217_14315773.jpg





最後に。
クーポンを利用し、最新鋭のガイドを借りました
a0229217_14344722.jpg

最近は、あれば必ずといっていいほど音声ガイドを利用します
これがあるとないとでは、すぐ忘れるにしろ理解度は雲泥の差があります。


そうそう、書き忘れ追記しますが
ガイド機返却の際、クイズ形式の極秘情報を教えてもらえますヨ♪
問題は、夜間の警備方法は? で、3択なんだけど
意外すぎてミスターもわたしも見事に外しました。



+++



鑑真和上。むかしは鑑真おしょうと呼んでいたけどすっかり「和上」に定着しましたね
悠久の時を越え、その鑑真和上の御霊に触れたような清らかな気持ちになりました
ただ、持続できないんだな。


長いのに最後まで見てくださり、ありがとうございました。
あ~ 奈良はゆったりしててええな~♪
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-07-12 15:01 | 奈良
どこの蓮か分からないでしょうけれど奈良のです



きゃ! michikoさんからまたメールがございましたでございます。
昨日UPした淡彩つぼみの写真を褒めてくださいました♪
ううう ありがとうございます
長いことmichikoさんのステキすぎるお写真も見せてもらってないなぁ~ 



+++



このブログの、昨日の検索キーワード1位は「Nikon1v1で写した写真」でした。
驚きやね。お上手な人が検索して来てくれはるんだろうけど、
じゃーん、こんなんでした~。 ほんま、こんなんでスミマセンな話ですわ。
それで思い出して、どれどれと買ったとき以来 片付けてあった説明書をパラパラめくっていったら
スマートフォトセレクターモード や、モーションスナップショットモード 
なんていう機能も搭載しているではないですか。 が、なんのことでしょう?
うーん。これじゃ宝の持ち腐れもいいとこです 
時には机上のお勉強も必要なんだわ!
そう言い聞かせてガイドブックをポチしました。 
まぁ変わり映えしないとは思いますが (笑)





昨日に続いて、やる気のなさが写真に出ていますが喜光寺の蓮です。

a0229217_142932.jpg







a0229217_1412495.jpg
   






a0229217_1415424.jpg





+++



喜光寺で冊子をいただきました
a0229217_14514691.jpg






簡単な説明が載っています
a0229217_1452187.jpg
また年間行事や、お役立ち情報も掲載されています。
意外にええやん♪





さらに、クーポンも♪
a0229217_14563377.jpg




さて、クーポン11番使用し、世界遺産のあのお寺へgo!
じつはまだ写真の整理をしていないー。
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-07-10 15:12 | 奈良
蓮の花を追いかけて



ここ数ヶ月、日曜の6時半はサザエさんを観ています
つっこみどころも満載で地味に可笑しくて、今ごろハマっているのもどうかと思いますが
昨日も波平さんに笑わせてもらいました
カツオくんとの会話で出た返事が、「さよう」なんだから。「そのとおり」とは言えないのね。
武士か! 
思わずテレビに向かって言っちゃいましたワ。
波平氏、54歳だそうです。



+++



そういや忘れてたわ、蓮撮るの。
7月に入ったというのにエアコンをつけることも 例年に比べて少ない今年の夏なので
すっかり忘れていました。
午前中が勝負のお花とあって二日酔いの翌日だったため、近場へgo
でも大阪アニラ、奈良まで行って来ました
ゆーても高速ぶっ飛ばしたら30分余りで到着した喜光寺。



先ずはマクロで。
淡彩つぼみ
a0229217_21154525.jpg







ガーン。
ちょうどいいポイントが枯れてる。 人気薄のミクロサイズ昆虫もいる。
a0229217_21162595.jpg







面妖ちゃん
a0229217_21161261.jpg
一連の流れのギャップのすごさも蓮ならでは。






ミラーレスカメラの練習もせなあかんてことで両方持って行きました
暑いのに我ながらご苦労はんなことですわ
以下はV1で撮りました。
梅雨明けしたかのような空の下、本堂と蓮
a0229217_21214522.jpg






お釈迦さまのオミアシはジャンボだったです
仏足石
a0229217_212204.jpg






右手前にある、せっかくのインド菩提樹はパッツンパッツンに切られてました
残念a0229217_21221132.jpg





じつは、お寺へ入った途端、見えてきたのはこの風景で・・
(わっちゃー 鉢植えだったのか)な写真。
a0229217_21223667.jpg
見頃ならばまだしも、ところどころにしかパーフェクト蓮は見当たらず
オール鉢植えの蓮にテンション落ちまして~

ほか行こか? 
せやな

ちゅーことでそこから10分ほどの某世界遺産の寺院へ向かいました。




着くと、態度のデカいせんとくんがドン!と居座ってました
a0229217_21232085.jpg

さすが世界遺産のみやげもの売り場はちゃうねー


せんとくんが、ふてぶてしいと思ったらシェアしてね♪ (笑)
facebookのこのシリーズ、大好きなのでかぶれちうぅ。
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-07-09 21:38 | 奈良
素晴らしすぎて言葉が出ない世界でした





奈良県立美術館で開催されている、藤城清治の影絵展を見てきました
a0229217_6252587.jpg



展示品の総数たるや250点になんなんとする圧巻規模で
一夜明けた今でも興奮覚めやらず、
「光と影のファンタジー」はまるで夢の世界にいるようでした

a0229217_6251637.jpg
おん年88歳、今も尚精力的に創作活動に心血を注がれている、
そのパワーはいったいどこから湧き出てくるのだろう



平和を祈り、生きとし生けるものたちを愛する心に共通する人といえば
マイケル・ジャクソン♪ ですが、
第二会場ではそのマイケルを偲び、10点あまりの影絵も展示されており
さらに興奮したのは言うまでもありません
懐かしのケロヨンワールド、孫悟空、聖書から、
爆笑問題太田さんの絵本とのコラボ作品などもあって
みっちり観ると2時間は掛かります
というよりはこの場から離れたくない気持ちでしたが
小腹も空いてきたのでさようなら。


+++



ここまで来たら ならまちへ行くでしょう。
でも昨日は人が集まる観光地ではなく、のどか系を欲していたので
寄らずに斑鳩の里へ向かいました
わたしの予定としては竜田川あたりをブラブラ散策してのんびり過ごしたかったのですが
思いがちぐはぐで却下され、法隆寺と藤ノ木古墳のみ。


そういえば藤ノ木古墳て行ったことないし?
駐車場から歩いて5分ほどなので行ってみたら
・・・。
a0229217_659499.jpg

ま、古墳は 得てしてこんなもんやけど、
でも(でも??)第六次調査では法隆寺からもたらされた伊万里焼や
中国からの輸入品も見つかったそうです
無理くりに思いを馳せてみたりしたけど長居はできませんでした。
じゃ次、こんな景色を見ながら法隆寺へ向かいます あー落ち着くー
a0229217_701424.jpg





法隆寺は14年ぶり、百済観音に会える~♪ 
ちょいとワクワクしていたら、この時期って修学旅行シーズンだったのね
中学生が席捲してて、、、
a0229217_7242792.jpg




一緒に拝観することに少々ゾッとしてきて無料エリアのみ、楽しみました
a0229217_724084.jpg




a0229217_765179.jpg





京都の有名どころの神社仏閣界隈や観光地とは違い
奈良は観光客も大挙押し寄せておらず、派手さもなく癒しの里です
昨日はそんな気分だったのでちょうどよかった。
鹿にも癒されたし。
「まさかの うんちなう」
a0229217_78975.jpg




+++



藤城清治 光と影のファンタジー これは必見。
各地のイベント内容は こちら です。

奈良県立美術館サイトは こちら
4月29日はサイン会がありますヨ~
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-04-22 07:26 | 奈良
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin