Top
タグ:お寺 ( 3 ) タグの人気記事
Top▲ |
當麻寺へ



もう20年ほど前から行きたかった奈良のお寺「當麻寺(たいまでら)」へ
ようやっとのことで行ってきました。
a0229217_1035483.jpg




a0229217_1035827.jpg



前週は唐招提寺へ行ったので2週続けての奈良、
唐招提寺はとても涼しかったのですが、この日は暑くて暑くて
体は まるで太陽を背中にしょってるかのごとく燃えてました。


a0229217_10361788.jpg

a0229217_10365886.jpg


日本最古の梵鐘だそうです
「国宝」a0229217_10364393.jpg



暑くなかったらこの静謐さにうっとりするところですが
うっかり佇んだら発酵しそうでしたので
奥院に庭園があるとのことで、お参りもせんとひたすら歩きます。



若干涼を感じますが この日陰だけでしたa0229217_1040151.jpg




ちょいと時期が悪かったネ 蓮池を見ていても暑くてうだってましたa0229217_10403513.jpg




お約束の鉢攻めの蓮
a0229217_10465033.jpg




まだ山アジサイが咲いていましたa0229217_10472850.jpg




さ、帰ろ。

門前町というには、民家のみのひっそりとした趣です。
a0229217_10552242.jpg


a0229217_10561081.jpg






歩いていたら、こちらの家主オジサマに呼び止められました
a0229217_10571083.jpg





桜の朽木を探し皮を剥ぎ、灯りにしたという自信作
このあと暗室へも招待されました (笑)
a0229217_1058298.jpg




知り合いの作家さんのやねん、と。
a0229217_10585567.jpg

a0229217_1059949.jpg



ツバメの巣のために、自作床も設置されたそうです。a0229217_10592280.jpg



極めつけは、空缶再利用のエコ風鈴。
a0229217_1153097.jpg
悪しき盗人がおるそうですヨ。


オジサンのお話しは楽しかったのですが、なにぶん暑くてヘロヘロだったので
ひと通り鑑賞したあと、ほなお元気で~ と去りました。
道の駅へGO!


+++


ふたかみパーク當麻で、まずは腹ごしらえです
a0229217_11104331.jpg

期待せずに食したら、美味しいではありませんか♪
オバサマたちが数名できりもりして、すべて手作りのようです


とくにレンコン饅頭は、エビやユリネがごろごろ入ってて意外作! 感動モンでした♪
コーヒーゼリーは100円という安さに釣られて注文しました
a0229217_11142850.jpg



新鮮野菜も買えたし、暑かったけど
終わり良ければすべて良し、の奈良當麻寺散策でした



■ 道の駅 ふたかみパーク當麻のサイトは こちら です



+++



アールの出産予定は9月ですが、早まるかもしれません
しばらくの間、コメント欄は閉じることが多くなると思いますが
何かありましたら、お気軽にメッセージやひとことを残してくださいネ。
エキサイトプロフィールから入るのかな?
facebookしてはるかたはそちらからでも、ではよろしく~♪
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-07-28 11:35 | 奈良
長谷寺 第弐章♪



長谷寺もうで、終わりだと思ったでしょ? 
単に2回に分けただけだけど、ホホホ まだ続きがあったのよん。

花はないけど五重塔は撮っておこう
若干 春めいてきています
a0229217_121926.jpg





無言の行。お地蔵様も香りを堪能中でしょう
a0229217_1215074.jpg



ただ一心に。
a0229217_1221255.jpg





さぁ ぼつぼつお家へ帰りましょう。 の前に、楽しみなのが門前町のお土産屋さん。
司葉子さんや しゃ乱Qのまこと夫妻がテレビで紹介したこともある、
草餅のお店で試食をさせてもらい、シルバっちたちへの土産としました。蓬が濃い濃い。
お隣の奈良漬のお店でも珍しい生姜の奈良漬を購入、これはわれらのアテ。
a0229217_1225493.jpg






さらに下って行くと自然食品系のお店が、おいでおいでしているので
魔法に掛かったように入って行くと
草餅屋のおばさん同様これまた愛想のいい店主が熱弁をふるってくださいまして、、、
ちょこっと買いました。

↓ 大豆パンダ豆  食物繊維は大豆の比じゃないんだとか。 購入。
a0229217_1231193.jpg
かや(榧)の実。味見させてもらって、そうすると買わないわけにはいかないので、購入。↑





かやの実a0229217_1282765.jpg
試食では生をいただきましたが、買ったのは炒ったものです。
a0229217_1293229.jpg

見た目、洋モノナッツですが味は全然違います
ちと青臭さが残ってるけど あとからジュワ~っと和テイストなコクが楽しめます
美味しいというよりは古風な、みやびナッツ。。
ミネラル分は豊富そうで、店主いわく 「目にも、すごくええねん」 
そう言われるとやっぱ買いやんね。


a0229217_12202859.jpgおっと。殻を剥いたあとの写真を撮り忘れ、携帯で。
ザラザラした質感が、いかにも日本の実て感じです
イモむいむいにちょっと似てる。。

同じ奈良にある室生寺の仏像数体は、この榧の一木造だそうで、ほかに将棋盤もこの木で作るんやって。




う~ん♪ ますます長谷寺が好きになった、そんな1日でした。
桜の季節にぜったい行こーっと。
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-02-28 12:37 | 西国三十三観音霊場
奈良の長谷寺詣で



西国三十三観音霊場 第八番札所、奈良県桜井市にある「長谷寺」へ行って来ました
ここは特に好きなお寺なので何度かお参りに行ったことはあるけど
何回行っても落ち着きます

a0229217_1354538.jpg



花のみてら と呼ばれ、牡丹が有名ですが
季節ごとにいろんな種類の花で境内は埋め尽くされるので
参拝客が途絶えることはありません。ですがこの季節はちとサミシ。
愉しませてくれた花は、藁をまとった「寒牡丹」オンリー
登廊(のぼりろう)に沿って まるでタカアシガニの休憩タイムのように並んでいる
a0229217_13574636.jpg





きっと枯れてる、と期待せずに行ったので状態がよくてホッ。
a0229217_1358369.jpg

ここで雑学タイム~
「寒牡丹」は、
春につく蕾を摘み取り、夏の終わり頃に葉を摘み取って花期を遅らせ
藁の霜囲いをして暖かいところに保護すると冬に開花する(長谷寺HPより)
のだそうです。
花のみてらと呼ばれるにはこういうこともされているのね。





ご本尊であるビッゲストな観音様にお参りすべく本堂へ行くと
御宝前で、ある御一家がちょうど御祈祷されてて(これってラッキー?)と
お経が終わるまでありがたくその場で手を合わせてました。
ま、そんな不純な精神の持ち主におこぼれがあるとは思えないけどネ
でも、ここに佇んでいるとずっとこの場所から離れたくない気持ちになります
だから1番好きなお寺なのかもしれません。
a0229217_143353.jpg


夏に行ったとき、ここで寝そべったらどんだけ気持ちええやろか
と思ったらおった! たしかに寝そべってはる人も居たので
以前は開放されてあったと思うけど今は立入禁止なのかな
綱が張られてあった。





境内をめぐってもほかの花の姿は見当たらず、と思ったら
蝋梅がみごとに咲き誇ってて甘い香りを放っているじゃーありませんか
なんて、じつは入山して間なしに蝋梅の姿は見えてました。 どない。
こんなにタイムリーな咲き頃の蝋梅は初めて♪
うれしくてテンション緩み、20枚ほど撮ったのに使えそうなのはコレくらい。
乏しすぎるで ウデ。
a0229217_14937.jpg

今でも鼻腔に香りを感じることができる♪
それほど強烈、あ、いや 芳しかったです



甘い匂いに包まれるカップル
a0229217_1492389.jpg



高所も平気なカップル
a0229217_1495874.jpg



長谷寺は若い恋人たちにも人気でした。
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-02-27 14:23 | 西国三十三観音霊場
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin