Top
タグ:国内旅行 ( 6 ) タグの人気記事
Top▲ |
神話の國 出雲へ ⑥出雲大社 これにて完


韓国旅行記のときも、いくらmy備忘録としても
持久力が乏しくて もはやプチ耐久レース化してるんじゃないかってほどチカレましたが
この出雲旅行記もそう 自分がそうなんだから来てくれはる人にはさぞや。。
でも今日で完結させます! でないとホンマ嫌になってくるし忘れてきます
実際、島根県の温泉の数も書き忘れていました
なんと60余湯あるそうです 意外だったわ
それから、旅館「安来苑」に宿泊していた5組はすべて大阪からのお客さんだったそうで
これにはびっくり。食堂で一緒になった男性以外はどなたとも会いませんでしたけど..




では、旅の一番の目的地、出雲大社へ
三が日は過ぎたけど、まだ5日とあって他県ナンバーの車で停滞といっていいほど大渋滞。
お昼時だったので 先ずは
出雲行くんやったらあそこの蕎麦食べておいでと言われていた「荒木屋」へ向かったのですが
駐車場を確保するのが先決だと言うミスターの言うとおりにしました。
これが後々 アンデ~!な尾を引くデキゴトになるんですが、待ちに待って駐車して


出雲大社(いずもおおやしろ)到着
a0229217_14493628.jpg

小雨がぱらついてきました。傘を忘れたわたしたちは急かされるようにお詣りです





参道の真ん中を歩かれる人が、わりとぎょうさん居てはるね
a0229217_145039.jpg







それやし色んな生きものが居てはるね
a0229217_1450348.jpg





しかーし、せっかく来たのに本殿はただいま平成の大遷宮中だとのこと(完成は今年5月)
ガーン と言うかその情報くらいは知ってたけど。
チラリズムで一部のみ撮影
a0229217_14505997.jpg

仮本殿にお詣りしようとしたら長蛇の列、
寒いわ雨は降るわで諦めました。ガーンガーン これこそショックですが仕方ありません



神在月に全国の神様が鎮座なされます、お社(東西にありましたがこれは西十九社です)
a0229217_14512490.jpg







神楽殿
長さ13メートル、重さ5トンの日本一の大しめ縄は、やはり人気モノ..
a0229217_1451359.jpg
さすがに小銭の姿はありません





工夫された玉砂利
a0229217_14514813.jpg





雨がひどくなってきたので大社はこのへんでサヨナラし
神楽殿から出てすぐのお店で少しおみやげを買ったのですが
精算時に「サンサンヨン」とオバサンが言うのです。 は? と訊き直すと
「サンサンヨン。3340円」
一瞬ポカーンとしましたが、これが客に対して提示する言い方かぃ。
ムカッときたけど お金を出そうと財布の中をモゴモゴしていたら、さらに
「小袋は?」と。
「要るわい!」そう言いたかったけど
「入れといて」これも言えず、せめてもの抵抗で下を向いたまま「要ります」
するとオバハンは、わたしにではなく若い同僚に「小袋は? 入れたん?」と訊いてたんでした。
(なんや ややこしいオバハンやな!)
けったくそ悪い、関西ではたまにこんな言い方をしますが
旅行のラストにあのオバハンのせいで まったく後味の悪い買い物でした。



+++



行きしなにありつけなかった蕎麦。ミスターが出雲大社の駐車場で順番待ちをしている間
小雨の中、お店までひとりテクテク歩いて行き、順番を取ったのにワンコ禁止~
キャリーに入れていてもNGは悲しい。
お詣りが終わって出雲大社をあとにする頃には、もうその場にへたり込みそうに腹ペコだったので
再度トライ。

「荒木屋の駐車場広かったからちょっとだけ車で待たしといて食べよーさ♪ 」
ありつける喜びにワクワクしながら大いなる主張をしたというのに
「もうどこでもええやんか」

なんで。
なんでなんだろぅ。なんでそんなすぐに諦められるのだろぅ。
♪ な、な、な、なんでだろぅ
出雲大社の次に楽しみにしてたのは、そのお店だったのに
超不機嫌になる口卑しいワタシではありましたが
お正月早々ブチ切れてもあかんので
(きっとそんなに美味しくない。そうだきっとそうに違いない!)と思い込ませました。
修行修行。




そして帰りしなにあった蕎麦屋でこれを
a0229217_1453988.jpg
この蕎麦つゆが入ってる徳利は30年近く前、ウチにもありました
近所の荒物屋さんで直火OKと言われて買ったんですが
今なら多分、いやぜったい買わない。。 
でも持って帰りたかったくらい懐かしかったです。





いつか行きたい荒木屋へ
の想いを胸にナイナイし、無事大阪へ着きました。
そしてそして、地元じゃないわたしらは出雲大社はお正月に行くものではない。
5月の落慶法要もニュースで見るとしよう。




+++



運だめしのおみくじ
シンプルすぎる~ 大吉中吉小吉吉末吉・凶の文字が無いー。
a0229217_14552063.jpg

でも「本年は幸福が廻り来る年」なのだそう
信じたぞ~♪




以上で神話の國 出雲へ記は終りです
長いことお付き合いくださりありがとさんでした~
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2013-01-20 15:09 |  ✈ 出雲 2013 1月
神話の國 出雲へ ⑤足立美術館と玉作湯神社

チェックアウトは10時。朝食を終えて、さぁ出発
ではなく、その前に行きたかったのは
10年連続庭園日本一に輝き驀進中の足立美術館です。
9時開館なのですることもなく部屋で無為に時間を潰し、
8時40分になったので割引券をもらいに行くと
「8時半頃から入れるんですよ~」とは女将。
「9時からじゃないんですか!?」
「一応9時にはなってますけど8時半には開いていて入れるんですよ~」
なんと・・ なんとゆるい・・


ゆるさに感激しながら場所を訊ねると 一緒に外まで出てくださって
道路を隔てた向かいに立っている3本の松の木を指さし、
「あそこです」
(ん?)
「あそこって・・」
「向かいなんですよ。 道路渡ってすぐにあるんです。みなさん驚かれます」
笑って教えてくださいました。
近いとはミスターから聞いてたけど、まさか徒歩1分掛からないとは驚き。
美術品を見るには急ピッチで1時間くらい掛かると言われたのでギリギリです 急がねば!
あ、チョコは入館禁止のためミスターと部屋で留守番です
なんか変。ミスターは、入れないチョコがいるので部屋で留守番です、だな。




足立美術館正面玄関
期待度もマックスで飛び込みました
a0229217_10111718.jpg

ホントだ。9時にならないのに普通に入館できたし 先客のツアー観光客たちもおられました。



で、



庭園はといえば銀世界とはほど遠い中途半端な残雪で。。
a0229217_10113825.jpg





朝日が水面を照らします。鯉たちものどかそうに泳いでいました。見えにくいが。
a0229217_1011556.jpg




庭園内は立入禁止なので窓越しばかり、、、
それよりは、やっぱり美術館なので日本画の榊原紫峰の『松竹梅』や
特別展示品の横山大観の『春光』、千鳥絵の『海潮四題(秋)』、
寿という漢字に鳥の絵をはめ込んだ『壽』なんかに惹かれました。
また、『四季花鳥芝山絵大棚物』(芝山細工)や『緑紋蒔絵螺鈿文庫』(柳沢一抱作)は
ひとりでいることを忘れて「すごい」と声が漏れそうなほど素晴らしい作品でした。



陶芸館では北大路魯山人と河井寛次郎の2大ファクターの作品が♪
も、も、嬉しくて。でも時計を見ると10時まであと10分しかなく残念
目に心に焼き付けようと必死です。しかし思ったほど焼き付きもせず、なんでやねん。。
後ろ髪短いですが引かれながらここで足立美術館とはさようなら。



+++



チェックアウトを済ませて、次なる聖地は玉造温泉にほど近い『玉作湯神社』です
a0229217_10144821.jpg




願い石とされる真玊(まだま)
a0229217_1015253.jpg



社務所で「叶い石」を授かって、この真玉に念を送り込み、スリスリすると あら不思議。
願いが叶い石にインポートされちゃうそうなんです
a0229217_10282316.jpg




カーボンになっているこの用紙に個々の願いを書き、1枚は神社へ奉納し
もう1枚は叶い石と共にお守り袋に入れて肌身離さず持っていると願いが叶う(らしい)のです。
なんか、少女。
a0229217_10154533.jpg





「見てみ、これ」 
少女ちっくに叶い石に心を奪取されていたので気づかなかったのですが
ミスターのその一言に上を見ると

ぎゃっ!
a0229217_10172416.jpg

何市万年。
おい、グーグル日本語入力クン そうじゃないだろ~「何しまんねん」だろ~





a0229217_10175634.jpg

これは神への冒涜にはならぬのか。ならぬならぬ 冒涜にはなりませぬ。
というわけで、わたしも五円玉ひとつ刺しときました。





叶い石完成品
a0229217_10162887.jpg



完成したはいいけど、お守りを肌身離さず持っていることって案外むづかしい。
小学生ならランドセルにでも引っ付けてブラブラさせてもいいけど
バッグは日によって違うし 同じ日でも行き先によっても変わってきます
お財布の中に忍ばせるのは石ゆえ厚みがあって不可能だし
肌身ってところに拘ると、紐があるあそこしかないやん
それでいいのやろか
願いが叶うならばいい。
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2013-01-20 10:31 |  ✈ 出雲 2013 1月
神話の國 出雲へ ④愛が溢れる料理たち




今日1月13日はミスターの妹の祥月命日でしたので
朝からおじゅっさんがお見えになりました。
お盆やお彼岸は、わたしは自分サイドの墓参に行くため
お姿を見るのは随分と久しぶりなんですが
しばらく見ないうちに おじゅっさんは別人になっておられたので大層驚きました。
30代でぽっちゃり、というよりは巨漢のイメージだったのに
えらいシュッとされて、童顔だったのが美男子になられてました。
「だいぶ絞られました?」訊くと、39キロ落としてお腹も割れてますと余裕の笑みで。
「○○宗の坊主だからといって苦行をしないと思われているので
なんとか有言実行できてよかったです。今年はトライアスロンに出るつもりなんです」
ひょえ~ 


年始、ブヨってきたのでプロテインダイエットしようと決意したものの
たった1日で「ウィークデーだけにしよ♪ 」 
あっさり週末飲兵衛と成り下がったわたしとは大違い
読経中も、割れているであろうボディをチラっと想像しながら
反省と感心にとらわれていた次第です
合掌。



+++




口切や 南天の実の 赤き頃
a0229217_141452.jpg

ということで食ネタへ。




安来苑へ着いた。お風呂にも入った。あとは食べて飲むだけ。
食事時間は6時半にしてもらったけど何もすることがなくて持て余しました
6時にすべきだった。早めの夕食、遅めの朝食 旅先ではこれがよいね。
チョコもいるので1500円追加してお部屋食にしてもらい、
また、カニも2100円の追加料金を払っていただきました。
ワンコ同室だと2100円プラスですが元々が安いので目をむくほどにはなりません。


正直なところ お料理は、お安いし 手作りを謳ってはったのもあって
そんなに期待はしていませんでした。ビールは1本サービス♪
a0229217_13594197.jpg





カニ
a0229217_13595995.jpg





合鴨鍋
カモはほとんどチョコのご飯となりました(おネギは退けて写すべきだしカモは食べたあと)
a0229217_1402910.jpg




ただ、みなさんとても親切です。
配膳後も置くだけでなく島根のことを少しお話ししてくださったり、
携帯で撮った飼い犬の写真を見せてくださったり、本当に人がいいという印象を受けました。



翌朝は、これまた至って普通の朝食だけど、やはりみなさん優しくて気持ちよく戴きました
a0229217_1422112.jpg





+++



境港でぜったいに食べたかったマストの海鮮丼は
魚山亭がお休みだったため、ことぶきへ
a0229217_1423459.jpg




しかしワンコは大丈夫なんだろか
車中で待たせるのは心配だったので前日にキャリーを購入しました
「ここに入れて隅っこの席にするので」ダメ元で頼んだら
他にお客さんもいないのでいいですよとのこと 良かった。
慣れてないので不安いっぱいのチョコと、お店の隅っこに置かれた写真です
a0229217_1425816.jpg



「わたし自身はすごく動物が好きなんだけど こんな端っこでごめんね」
とチョコに言いながらナデナデしてくださる年配の女性従業員
「変わってるポメラニアンよ~」と厨房に言うと
見せて~♪ と中から女将さんも出てきて
「んま~ かわい~。犬も猫も大好きなの」
腰の低い女将さんと4人でその後もしばしワンコ話に花が咲きました。


また、従業員さんは「これ見て。お客さんのワンコなんだけど」と切り出して
携帯写真を見せてくださいました。この地域の流行、なのだろうか。
先に食べ終わったミスターがチョコを散歩させているのを窓越しにお二人で眺めて
ワーワーと止むことを知らず笑ってはりました。



ミスターは海鮮丼、わたしはそれより海の幸が多い境港丼を注文すると
「今日は漁がなかったので少し種類が少ないんです」と、嘘だろ的な説明がありましたが
じゃあ普通ので、とも言えずそれを通しました。

じゃーん。 確かに。
a0229217_1431629.jpg


しかし魚嫌いなミスターがウマイウマイと言ってたのでそれはそれでよかったと。
未練は残ったけど気のいい人たちが出してくれたお料理に大満足でした。



ことぶき店内
a0229217_1434227.jpg

カトちゃんのサインもありました
みなさんきっとここで素敵な思い出を作られたんだろう
そんな風に思えるステキなお店でした♪
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2013-01-13 14:18 |  ✈ 出雲 2013 1月
神話の國 出雲へ ③須我神社と露天風呂



今年もなぜか新年限定の読書欲が高まってブログ放置状態になりそう
これじゃいかんがなー 忘れるがなー
ってことで気合入れて続けます。
で、そんなこんなの今日は、近くの老舗古本屋と古本市場をハシゴし
古本市場では 欲しかった『凍える牙』の続編『鎖』を105円で見つけ、相当喜びました。
こういうお店は事務的で味気ないけど今日ばかりは嬉しい。


一方、老舗の古本屋さんの店主は温厚そうなおじいちゃまで、
買った本をビチっと丁寧にクラフト紙で包装し、ビニール袋に入れてくださいます。
消費税もなし。
店主の服装はジャケット着用となかなかに渋くて一見頑固そうなのに、にこやかに
「はいどうもありがとうございました」と頭を下げてくださる。
気持ちのいい買い物ができる、わたしが密かに大切にしているお店です♪
場所? 千林よ~




+++




雪がひどくなってきたので鬼太郎たちとお別れしたはいいけど
チェックインの時間までまだ少しある。


出雲大社へ行こうと決めた少しあとにタイミングよくBSで特集を観ました。
出雲大社のほかに須我神社と玉作湯神社へ、ともさかりえが参詣に行ってました。

須我神社・八重垣神社・佐太神社・須佐神社・玉作湯神社
順に、守・幸・愛・良・美 の5つのご縁を授かるといわれる五神社のうち
わたしもBSのまんま踏襲してきました♪




まずは須我神社です
チョコはど~こだ? 
a0229217_2131542.jpg
答えは、左端です。小さくて黒く可愛い顔がありますでしょ
ゴミちゃうよ~




この神社は外せない
a0229217_21315799.jpg





というのもこの歌碑に刻まれているのが、なんと日本初の和歌だそうです
詠み人は、っと、人ではなく神様だった。
何を隠そう須佐之男命でござりまするー 
ははぁー

宮殿を造られたとき 美しい雲の立ち昇るのをご覧になられ
a0229217_21323423.jpg

「八雲立つ 出雲八重垣 つまごみに 八重垣つくる この八重垣を」
と歌われたようです。
不謹慎やけど、ロマンやね~♪
詳しくは須我神社サイトへどうぞ。





さほど興味もなさそうで退屈そうなミスターたち、お待たせやね
♪ちょうど時間となりました~
ようやく宿へ。GO!

安来苑さん
a0229217_21334278.jpg
前にも言いましたが島根県内では数軒、
この界隈ではおそらくこちらだけがワンコ同室可能だと思います




こちらが目印です (笑)  
a0229217_2134852.jpg






夕食まで時間があるので、ひとっ風呂浴びて来ました(鷺の湯温泉)
大浴場と無料の貸切露天風呂があります
三が日も過ぎ、お客さんもウチを含めて5組だったので
先客があっても少し待てば貸切露天が楽しめました
夕方は雪見露天、夜は満点の星空露天、黎明時もまた星空を眺めてのひとり温泉
極楽至極です。



少し脱線しますが、韓ドラを観ていると 自分ひとりなのに笑ってお茶を淹れたり
ニコニコ顔で洗濯物を干したりするシーンをよく目にします。
(普通、笑わんやろ~)意地悪く突っ込むことがあるんですが、謝ります。
あるね。あるある。あらいでか。
夜、2回目に入った時です。
目に入る景色は、庭園に積もる雪、輝く月、瞬く星。
それだけでも幸せなのにそこに小鳥が飛んで来て囀り始めました
そのとき気がつきました
わろてる・・。たったひとりやのに微笑んでる・・。
今度から気持ちを汲み取ってドラマ鑑賞しなければと反省しました。




そうだ写真だ! この絶景をブログにアップせねば! 
そう思い、翌朝入ったときに撮ったのがコチラ 
a0229217_21355853.jpg
ハハハ やっぱし無理でした。
残念にもほどがある写真ですが、月の下、西の空には獅子座がはっきりと見えました
頭上には今にも掬われそうなほどジャンボな北斗七星が見えました
見とれてプカプカ浮いてたらバランスを崩して岩にオチリをガツンとぶつけてしまい
とても痛かったです。童心に返るべからず。
和田の原 漕ぎ出でて見れば 久かたの 雲ゐにまがふ おけつイタイ
これこそ不謹慎やね 失礼しました。




+++



もうひとつの玉作湯神社は次回に。
須我神社のサイトは こちら です
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2013-01-12 21:58 |  ✈ 出雲 2013 1月
神話の國 出雲へ ②水木しげるロード



16時のチェックインまで ひと観光できるわってことで鳥取の境港へ寄りました。
朝7時40分に出発し、境港へ到着したのは11時40分 
所要時間4時間、と 風雪のわりに早く着きました。
境港といえば海鮮丼♪  事前にチェックした魚山亭は残念ながらお正月休みだったので
別のお店にしましたが、これはまたのちほどUPするとして
もうひとつ、境港といえば水木しげるロードですよね 今日はそれいっときます。
♪ゲッ ゲッ ゲゲゲのゲ~
好きでしたわ ゲゲゲの女房
でなくてゲゲゲの鬼太郎。欠かさず見てたような気がします
鬼太郎の、海苔暖簾のような前髪の後ろにはどんな目が付いてんねやろ?
そんなことも思いながら見てました。




境港で愛犬を歩かせて”チョコの海岸物語”をしたかったんですが
中途半端に解け始めた雪上を歩かせるのはチト・・

a0229217_2323557.jpg





a0229217_233095.jpg





a0229217_2331940.jpg





停泊中の漁船を撮って、いざ妖怪に会いに、レッツゴー三匹。
港から徒歩数分で着く大通りが、有名すぎる水木しげるロードでした。
お~ いてやる いてやる~ 妖怪たちのブロンズ像が、しかも しめ飾りネックレス姿
先ずは
「おい鬼太郎」
a0229217_2335962.jpg
鬼太郎ってこんな感じでしたっけ・・
それに、もう少し上でもいいかな、ネックレスの位置






続きまして鬼太郎の無二の親友 (笑) 、ねずみ男
「おひけーなすって」
a0229217_2342784.jpg







この日 1番ご縁があった、ねずみ男なのでツーショット
a0229217_2345738.jpg







ミスターもチョコもねずみ男とスリーショット
それにしてもミスターとチョコの対照的な表情、、、チョコ 何か言いたいことある? よね。
a0229217_2351720.jpg
「ボク あんまり楽しないかも」






ねずみ男に至近距離で見つめられてテルテル坊主 ではなくて、テレてるポーズ
慣れんことしてくれないでね~
a0229217_2354360.jpg






ほかの妖怪たちは
「泥田坊(どろたぼう)」 
a0229217_236654.jpg
ぶぶぶきみー!





泥田坊とは正反対な、誰だこれ。
おてもやんかしら
a0229217_2362472.jpg






どこかで事件が起きたんでしょう 
a0229217_237639.jpg

写真を見て思ったんだけど銅像フォトって、、、要る?
いや偏見ですヨ でも、なんだかなぁーなのでこれで終ります。ハハハ。





ユニークなお店
a0229217_2382281.jpg




しかし中へ入ると 工房も設えてあり、マシャこと福山雅治をはじめ水木先生を演じた向井理、
森山直太朗や森山未來(敬称略)など錚々たるスターのサインも
どうだ!とばかりに飾られてありました。
a0229217_239664.jpg
とはいえ、お店のオバサンがとても愛想よく、おみやげを買ってしまう羽目(爆)に。




目玉おやじが誕生するところもリアルに作ったでしょう? と微笑まれてましたが
夜中 暗闇で見る度胸はありません。。
a0229217_2393088.jpg

誕生シーンなんて知らなかったけどこういう悲惨な状況から、でしたのね
勉強になりました。






妖怪神社で、狛犬の代わりかしら 目玉おやじ温泉タイム
a0229217_2405196.jpg






「お~い~で~」境港ver.
a0229217_2411442.jpg






色々あらーな
a0229217_242496.jpg






警告板
a0229217_25226100.jpg






これは何を表しているのだろうか
a0229217_254393.jpg






JR境港駅
a0229217_256109.jpg




また吹雪いてきました
チョコも寒そうなので退散~
a0229217_2574956.jpg
「頭の雪、はろてください」





こういうところへ来るとどうしても平常心ではおられず
目玉おやじがタライに入っている箸置きにいたく反応してしまい
あやうく買ってしまうところでした。

寒かったけど鬼太郎聖地で妖怪たちと触れて、ほのぼのした気持ちになりました
ただ、感激するには年を取り過ぎたようです。。




+++



やっぱりワタシはこっちか。
蒜山高原SAで、蒜山地域限定発売のヨーグルト♪
適度に甘くて濃くてとても美味しかったです
a0229217_345318.jpg

[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2013-01-09 03:25 |  ✈ 出雲 2013 1月
神話の國 出雲へ ①序章



お正月からこっち、なんやバタバタしてブロ友さんのブログも読むのが手一杯目一杯、
今日は今日とて長女ファミリーが朝早くから遊びに来て ギャーギャーと賑やかに過ごし
大河ドラマを見て ようやくひと息ついたところで、
さ、出雲大社詣の写真の整理しましょうとしたら 一気に疲れが出てきました。
体力的なものに加え、毎度のことながら どれもこれも青色吐息が出る写真の山・・
ま、旅行記なんだからいいわ、と開き直ってもツカミの写真はどれにするよ。
のっけから躓きながらですが しばーらくお付き合いよろしゅうに~
ソウル旅行記並みに長くなりそうです(爆)



+++



蒜山高原SAにて
a0229217_22123216.jpg
中央やや左側に大山が聳立しています。
が、残念ながら雲に覆われて見えません







カメラ女子がよくご自身の足元を写してはるのを真似てやっときました
a0229217_22125124.jpg
なぜに外股







一泊旅行はチョコくんも一緒でしたの
島根県では数件しか無いわんこOKのお宿が空いていてラッキーでした
a0229217_22131984.jpg
ちょこちょこですがチョコくんも登場しますので
チョコファンのあなたは必見です。
って次女アール、あんさんのことだよ♪




+++




旅行の続きはぼつぼつ仕上げるとしてナン、ナント驚いたのは、
旅先のコンビニで
「2月3日は節分です。節分には大阪の風習の”恵方巻き”を食べて無病息災を祈りましょう」
みたいなアナウンスが流れていたことです。
どちらかといえば辺鄙なところにある、大阪には多分ないと思われるポ○ラというコンビニ
巻き寿司のポスターも貼られてあって
ナン、ナント!
今年の恵方は南南東なんですって!
ナン ナント~・・・
早いハナシ、これが言いたかっただけですが。


それにしても“恵方巻き”とはまた上品な言い方ですよね 
いつのまにかこちらでも定着しましたが、昔は”丸かぶり”って名称だったのよね。
「もう丸かぶり食べた?」「食べたよ」とか
「丸かぶりこうた?」「こうたよ」みたいな。
しかし考えてみればそのネーミング、食べ方が名前になってるあたりがいかにも逢坂らしいです。



今、丸かぶりください、なんてお寿司屋さんで買う人いるのかな。
の前に、通じるのか?
「何ですかそれ。ゴキカブリですか」
ってヤ~ それ気持ち悪い~ 
あ、お若いかたにはそれも分かりませんわよね。
御器かぶり。
っとこのへんにしときます。


支離滅裂御免。
次回より まともに旅行記に参ります!
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2013-01-06 22:25 |  ✈ 出雲 2013 1月
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin