Top
タグ:韓国旅行 ( 14 ) タグの人気記事
Top▲ |
⑭韓国旅行・完 最終日 日本へ




イビス前で空港リムジンバス待ち。
トウガラシ王国の韓国で、大好きなトウガラシ料理を堪能できなかった妹です。

a0229217_1193935.jpg

普段から少食なのに、水分摂取のみに近かった1週間のあとでは胃も収縮していて
食事もすぐにお手上げ状態、その点は心残りだったと思います。




車窓から撮り納めしようとホテルからカメラをぶら下げてたんですが
プレビュー画面になにやら お知らせが出ています。
あーめんどくさ、いちいち読まれへんわ。
老眼鏡を掛けて見ると、

「日時がリセットされました」との表示ですし。 
トデチェ ウェ~?
ホテルのロビーで適当に時間をセットしたものの、帰って写真をPCに取り込んだら
3日目の写真がありません。
あは。日時セットするとき「2011年」としたようで
去年の写真の中にフォルダごと埋もれてしもてましたー。




帰りも6015番のバスで。
明洞~忠武路駅~世宗ホテル~南大門市場・・ とぐるっと回って行きます。
バスの中にいるにはもったいないお天気、眩しすぎます。
a0229217_1110873.jpg






忠武路で時間調整のため数分待ち。
あら・・この映画館って!?
a0229217_11102918.jpg
冬のソナタで、
サンヒョクとユジンがデートに来たけど満員で入れず、
しかも駐禁シールまで貼られていた映画館では? 
帰ってネットで確認したら、やっぱりそうでした。 懐かしいです。
(パク・シフの映画が上映中なのかな、おりますでしょ)





2008年の放火により焼失した崇礼門(通称南大門)は今尚復元工事中です。
郵便局EMSカーはスピーディーに走っています。
a0229217_11104853.jpg




+++



仁川国際空港で、免税店で買った品物を受け取ろうと28番ゲートへ行くも
無い。どこを探しても受け取り場所が見当たりません。
20分ほど歩き回ったかしら、これ以上自力では無理とインフォメーションで訊きますと
エスカレーターを上がってくださいとのことでした。
受け渡し場所も変わってたんだ・・ 浦島だ・・ 

免税店で購入した口紅1本だけを受け取り (笑) 、
最後までハラハラした、短くもプチハプニングに振り回された充実の旅行もおしまい、
いよいよ機内のヒトとなりました。

アシアナさんやから、と期待した機内食も行きは惨敗、復路こそ
の希望も空しく、ジャーン♪
一層しょぼい・・
a0229217_11111622.jpg
と言うより足らん。


旅客機はといえば今や主流らしい1列6席の中型機、せま! 
と感じたのはわたしだけではないようで、前のかたも同じことを仰ってました。
そして機内の人々はこのあと悪天候による揺れに悲鳴を上げるのでした。
乱気流で揺れるのも気持ちのいいものではないのに
ジェットコースター並みの揺れが続いたのでワタシも「落ちるかも」と思いました。
まっこと怖かったです



恐怖の時間もそれまで。無事に関西空港へ着きましたが今度はスーツケースが出てこない。
バゲージ・クレームでは乗客の人だかり、スーツケースなし状態でひたすら回っています。
このとき関西地方は雷鳴が轟き、空港近くで落雷発生
この影響で荷物をコンテナから出せません、と説明がありました。
そして待つこと1時間弱。 って、も~。椅子がないから体力的にも疲れました。



スーツケースが出て来てバスに乗る頃には土砂降り、これまたラッシュアワーの大渋滞なう。
(旅行記①にもサワリを書きましたが)
前方に座ってたので運転手さん同士の無線も聞こえます。
「渋滞中に事故発生した模様です」
ひょえ~~! も、どうにでもならんかいー!
今日中に帰れたらええわ、くらいの気持ちでバスに揺られているとバリバリバリ~っと閃光が!
雷に怯えるチョコが浮かぶ。
ミスターは留守だというし。ワンコ怖いという母だし。
そばに居てやって欲しいと言ってみようと母に電話したら、繋がらない~
自宅まであと少しというところで繋がり、訊くとチョコと同部屋にいてくれたようでした。
よかった。力が抜けました。





余話といたしまして、
スーツケースを片付けようとしたら、そこにあるべきはずのプーラーが無くなってることに気付きました。
ガーン。
a0229217_1112369.jpg



これと同じものが付いていましたのに。
a0229217_11124957.jpg





さらに、この翌日、ミスターが、散歩中に鉄粉が目に入り眼科で除去、
さらにさらに、目が治ったその夜、星空撮影に出掛けて行きましたが
なんとトラックにオカマされてバンパー交換という、心が休まることがない出来事が続きました。




最後の最後まで神経が張り続けた韓国旅行記はこれにて終わります。
ながらくのお付き合いをありがとうございました~♪
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-12-03 11:29 |  ✈ ソウル 2012 11月
⑬韓国旅行 最終日 朝食とか




初日・2日目は、天気予報が伝える雨に遭うこともほとんどなくヨシ♪
でも3日目になってのこの青い青いお空はなに。。



a0229217_23565110.jpg

ここまでの快晴は要らんわよ~ 悔し~
でもお天気は嬉しい。
朝だというのに久しぶりに見たおひさまは眩いばかり、
強烈に寒かったですが残り少ない時間を過ごすにパワーが漲ってきました。






朝10時過ぎには仁川空港へ向う予定、
散策時間ほぼゼロの最終日の起床時間は、連日の疲労物質のせいで7時過ぎ。
活動スタートさせたのが8時。
早起きしたら行けたはずの
느티나무집(ヌティナムチッ)でソルロンタン朝食♪ は叶いませんでした。
これは次回のお楽しみにとっておき、近場でとなると
ドラマ「華麗なる遺産」の舞台にもなったおなじみ
신선설농탕(神仙ソルロンタン/シンソンソルロンタン)です。
平日なので空席あり、で、客の9割を日本人が占めていました。
a0229217_23522667.jpg
ここの2階へ移転した味加本のお粥かソルロンタンか迷った末、コラーゲン差でソルロンタンに軍配♪
この旅行でお粥は食べませんでした。




白濁牛骨スープをひと口飲むと、美味しいッ!
このお店しか知らないのでこれ以上の美味しいソルロンタンがあるのだろうか?
と思うほど。
사랑합니다♥ と書かれた器が可愛いです
a0229217_23524813.jpg



神仙ソルロンタンはキムチが美味しいのも有名ですが毎食のキムチのアタリがよく
珍しくこの日は舌鼓を打ってくれない。
なんて、ひとりでこの量だと十分か。
a0229217_2353828.jpg







朝からがっつり食べたので腹ごなしを兼ね残りの時間は朝の明洞散策~
先ずは神仙ソルロンタンからほど近い明洞聖堂へ。
a0229217_627271.jpg




現在改修工事中で聖堂までの階段付近からの写真は断念しました
韓国で最初に造られた煉瓦造りのカトリック教会だけあって荘厳で圧巻なたたずまいです。
a0229217_23533164.jpg

a0229217_23542133.jpg






吐く息が白い、寒いよ~ 2人で震えながらぐるっとひと回り
a0229217_6283395.jpg






a0229217_6293523.jpg
せっかくここまで来たのなら、ってホテルからも近いけど、
早朝ミサに参列すればよかったですわ。




a0229217_629479.jpg





慈愛のマリア像に見守られた계성여자고등학교(ケソン女子高等学校)もあります
a0229217_6281154.jpg





視線を変えればエリートたちが働くビル群が。
a0229217_6274792.jpg




風は吹き放題、少し高台というだけで体感温度もかなり違います。退散。
このあとは明洞メインストリートの一筋西のストリートをブラブラしました。
朝なのにエチュードハウスは夜の香り♪ 商魂たくまし~ぃ
a0229217_6332824.jpg




夜はほとんど通りません。
種種雑多なメインストリートとは雰囲気が違います。やっぱあっちがいいな。
a0229217_6335722.jpg




a0229217_6341364.jpg



静かな明洞も好きなのでショーウインドウを覗き込みながらゆっくり回すぎまして
時計を見ると9時15分。ありゃま時間がないわ とペースを早足に切り替え、
メトロホテル近くのワッフルバント(明洞本店)でワッフルを買いました。
a0229217_6365238.jpg

妹は食べないと言うのでひとつしか買いませんでしたが、バイト君メチャかわい~
嫌な顔もせず
「おいしく めしあがって ください」
と、たとだとしい日本語&ステキ笑顔で言ってくれました。
こちらも「はい♪ どうもありがと~」 気分チョアチョア♪



材料もベルギーから取り寄せらしいこやつ、やっぱプレーンが一番美味しいネ。
(ソウルナビにクーポンもあります)
a0229217_6372780.jpg





パッキングも完了、あまり活躍しなかったビニール傘を部屋に残し
3日間お世話になったホテルをあとにしました。
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-12-02 06:43 |  ✈ ソウル 2012 11月
⑫韓国旅行 2日目 トンデモナイ東大門



カンジャンケジャンのお店を出る前に、さきほどのトイレ事情を妹に話しました。
それを聞いてなのかどうかトイレを借りなかった妹
これがあとでイノチ取り(爆)になろうとはその時は知る由もなく
タクシーに乗車し東大門エリアへ向かいました。
予定では、その帰りに18日までライトアップイベントが開催されている清渓川(チョンゲチョン)
に寄るつもりで。
(最終的に、タクシーに乗ると雨がポトポト、そのうち本降りになったのでパスしました)



日は沈んだものの、ラッシュアワーの幹線道路は大渋滞でメーターの料金が上がるたびにドクンドクン
いくら安いといえども動かないのに上がったら、やーん。
で、こないだ、タクシーが走った道をチェックしてたら、なんかボられた感じ・・
遠回りされた感じです。ではちょっと検証してみしょう(なに、要りませぬか)
じゃ強引に。

わたしが思っていた東大門歴史文化公園へのルートは紫色で記しています。
ミミズが這ったようで酔っちゃうかも。ミアネヨ~

a0229217_13392264.jpg


紫ミミズどおりに孔徳→市庁→乙支路ルートで行けばいいはずなのに
ウンジョンアジョシが選んだのはその上方、赤ミミズの、清渓川を挟んだ1本北の道、鐘閣→鍾路コース。
で、東大門から南下しようとされたわけ。
広蔵市場が見えたとき、あれ?なぜここが? 
ちょっと訝ったんだけど確たる自信もなく別件でタイヘンだったし
それに今さらどうしょうもないしね。
そしてそのタイヘンな事件は収容能力の限界を迎えていました。。



タクシーに乗ってしばらくすると、妹が
「トイレ行きたくなってきた・・」と言うではありませんか。
そう、ビールを飲んだあとの自然現象系のハナシなのよー
「東大門まで近いから我慢して・・」
「うん」
ところが道路は土砂降りの雨の影響もあって大渋滞のまま
妹の表情は悲壮感漂い、こりゃマジでヤバイ!
ウンジョンアジョシに事情を話し、鐘路5街駅付近で降ろしてもらい地下のトイレへ。
でもトイレはどこだ!?
目の前に居た若い女性に訊き終えるとお礼もそこそこに全速力で階段を駆け下り、
そのまま100メートルの直線コースを猛ダッシュして、無事お手洗いに到着~


・・・。


やれやれ初ソウルの妹は、車中で・・なんて大恥をかかずに済みましたが
たった1本のビールを侮ってはいけませんね、いい教訓になりました。
済ませよう ビール1本 恥の元~



+++



じつは東大門界隈はなぜか気持ちが寂しくなるのであまり好きではありません。
その上、ドッ!と疲れたのでどっちでもよくなりかけたんだけど
ゲットしたかった物があったのと、ここまで来たのにという意地もあり向いました。
降ろしてもらったのが地下鉄1号線の鐘路5街駅で、目的地は東大門歴史文化公園駅、
車道は渋滞中だし近距離だしでタクシーには乗らず
地下鉄鐘路5街駅→東大門駅で4号線に乗り換え、次の東大門歴史文化公園駅まで行ったら
クタクタですもう。



東大門歴史文化公園をぐるりと回ります 
a0229217_1325910.jpg
やっぱりここ寂しい・・




5分ほどでTEAM204ビルに到着(左のビル)。ここの2Fにある「Luxuille」へ
a0229217_13261043.jpg





お気に入りブログで、シンプルでデイリーユースに持ってこいのトートを見たのが渡韓2日前
一番下の妹へお土産にとブロンズ色のをゲット♪
a0229217_1333438.jpg
値段は卸値のよう、一応牛革だし、日本では1万円位で売られているとの情報も。
ちなみに購入したのは中サイズ52000ウォン、約3800円。
わ!ゆうてしもてる。



靴もアクセサリーも安くて可愛いものがたくさんあったのでもっと見たかったけど
そこが中年のカナシイところ、喋るのも気合がいるほどになっていたためタクシーで帰りました。
帰りのタクシーは紫ミミズのルートでした。タクシー代も半額・・ しれてるけどネ~

明洞に着いたら、どうしたことでしょう俄然元気が出てきてショッピング♪
まさに明洞マジックです!

時間のない旅行なのでソウル駅のロッテマートはパスし
食料品の買いこみは明洞内のハーモニーマートで済ませました。
頼まれものやらお土産やらで買い過ぎ、お店からEMSで送ってもらいました。
って何してんだか。
ハーモニーマートは、時間帯によって在・不在はあるけど
接客態度がひじょうにいい日本人留学生がいるのも心強いです。




EMSで送られてきたうちの一部を。
チーム赤と黒
a0229217_14124711.jpg





マキシムのこのコーヒー、大好きで2箱買ったけどすでに1箱は飲み終え今朝から2箱目に。
どれだけ好きなんだ。
a0229217_1413580.jpg
南大門市場で買ったスプーンとお箸のセット




仁寺洞で買った菊花茶
a0229217_14151052.jpg
ショップの効能書きには目にいいとありましたが
菊花の香りが精神鎮静させる働きがある感じです。
落ち着く~♪



予想外になが~くなってしまったけどこれにて2日目は終了、
次回は最終日の朝からスタートします♪
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-11-29 14:30 |  ✈ ソウル 2012 11月
⑪韓国旅行 2日目 夕餉にカンジャンケジャンを食す





a0229217_14283249.jpg


絶好調ではない妹も、カンジャンケジャンを食べるとあって俄かに元気になりました。
職場でも、カンジャンケジャンは食べてこなあかんよ、と言われたらしいので、
美味しいお店をチョイスせねばという若干強迫観念に駆られながら
ネットの口コミを読んだりブログを見たり入念なリサーチをしました。
選んだのはカンジャンケジャン通りにあるお店です。
いえ。でした、の過去形です。


と言うのも、話せば長いことながら、
初日にスンドゥブを食べに行く途中で道を訊ねたカップルのこと、記憶にございましょぅか。
男性は、韓流スターのようで、、、とまでは言いませんが、
30代半ば、上背も恰幅もあったナカナカの好青年、
女性はといえばスラリとした清潔感漂うクレバー美人で、お似合いのカップルでした。
30代前半に見えた彼女は大阪芸術大学へ留学していたそうで、わたしたちが大阪から来たと言うと
とても懐かしい感じで少し話してくれました。
どこに住んでたのか訊くとなんと天満! 親近感沸きまくりです。




話を戻します。
北倉洞純豆腐(プッチャンドンスンドゥブ)へ行くのに、
ここを真っ直ぐ行って左に曲がって、、、と、韓国語と日本語を交えながら教えてもらってると
男性がいきなり「カジャカジャ」と。
さらに「カッチ カプシダ!」と言ってくださるではないですか。

(出た~ 生カッチカプシダ~♪)

リピって欲しいほど生カッチカプシダに感激し、
お礼を言いながらお言葉に甘えて付いて行きました。
で、その男性に、カンジャンケジャンは好きですか? と訊かれたので
明日行くんです、と言うと、
「この近くに美味しいお店があるよ、そこ行ってみますか?」と。
いや。。新沙のカンジャンケジャン通りに行くつもりなんです、と言うと
あそこは高いからやめたほうがいい、と。

「そこは日本人はそんなに来ないお店だけど、安くて新鮮だから
明日でなくても行く機会があったら一度行ってみるといいですよ。
すぐそこだから行ってみましょう」

(日本人で溢れ返ってるお店も食傷気味やけどおらんっちゅーのもなぁ・・)
(行く機会たってそうないねんけどな・・)


スンドゥブチゲが目の前にぶら下がったままの状態で
足早に進むガイドにハーハーと息も絶え絶えになりながら、質問~
「そこ日本語通じますか?」
「通じますよ」
このようななりゆきで急きょお店変更となった次第です。
果たして日本語は通じなかったんですが(爆)



ほどなくしてお店に着くと、早速彼女は出てきたアジュンマに説明してくださり、
予約しておかないと多分入れないだろうとアジュンマはおっしゃる。
(アジュンマ、全然日本語できないっぽいんだけど大丈夫かしらん)
じゃぁ明日必ず来ますから、
アジュンマにもカップルにもそう告げ、
本来の目的地である北倉洞純豆腐(プッチャンドンスンドゥブ)まで行ってもらってお店の前で別れました。
あぁ名前を訊いておけばよかった!



イントロが長くなりました。
場所は麻浦(マポ)です。
カンジャンケジャンのお店として麻浦で有名なのは眞味食堂ですが
ここのお店の名前はいくらネットを探しても見つけられません。
サイトもないなんて今どきないでしょうにご存知のかたがいれば教えてほしいです。



서산꽃게전문점(瑞山コッケ専門店)と書かれてあります
a0229217_14292011.jpg




ちょっと気後れしながらの入店です。床はオンドル♪ 足元がぬくぬくで気持ちイ~ しかも禁煙♪
清潔そうな店内を見るとテーブルセットが無駄に豪奢 (こら!) なので本当に安いのか不安になりました。
a0229217_1429411.jpg



a0229217_1437167.jpg





着席しますと既にテーブルの上にはキムチ類や海苔などが並べてありました。
サクっといっときます。
a0229217_1430072.jpg


a0229217_14301676.jpg


a0229217_14302620.jpg


a0229217_1430393.jpg


a0229217_14305216.jpg


a0229217_14311452.jpg





海苔は味付けされていない普通のものと、奥にある甘苔(カンテ)の2種類あり
カンテは噛めば噛むほど磯の香りがしてきましたヨ♪
a0229217_14313230.jpg





何かのワタのような、これは牡蠣の塩辛でした♪ おいしー!
a0229217_14332448.jpg




a0229217_1436686.jpg






ビールを頼み、パンチャン食いを始めると、
な、な、何品出てくる気? いったいこのお料理の数は何?
どんな感じかといいますと、
百聞は一見に如かず、ご覧ください。

メバルのムニエル、ネーミング適当 (笑)
a0229217_14385852.jpg
おいしー!全然臭くなくて身離れもよく身は真っ白でホコホコしていました。




メバルのジョン(でいいのか不明)
a0229217_14392572.jpg
これも本当に美味しい。味付けが丁度よいの。
ただ、これいっちゃうとお腹がいっぱいになるのです・・


お豆腐
a0229217_14394331.jpg
木綿豆腐くらいの硬さです。ちびちび日本酒を飲みたくなる味でした。



ケランチム 韓国風茶碗蒸しと、干しダラだったかメバルだったか、不明のチゲ
ピント合わせはケランチムのトッペギ鍋ね (笑)
a0229217_1440379.jpg
どちらもお出汁の香りと塩加減が絶妙。
チゲは酸っぱ辛くてクセになるお味。

ケランチムは間もなく萎びてくるので、ぷるんぷるん状態のときにパクっといきます。
a0229217_1441828.jpg




しかーし。これらが運ばれてきて、カニは?? なんか間違ってはるんじゃない!?
日本語が通じそうになかったので不安になってきましたが
意を決して訊いてみようとしたら妹が壁に掛かっているメニューを指差し
「これコースちゃう??」
「ひや、ほんまや!」


「1人分 ケジャン定食 25000ウォン」
a0229217_1442614.jpg
※家に帰ってよく見たら、10月から牡蠣にも変更できそうでした! 韓国産の牡蠣も食べてみたかった。





そしてついにそのときがやって来ました♪ カニ~♪ 渡り蟹~♪
でも喜びのあまり写真を撮るのも忘れ、卵のある部位はすでに胃袋へ。。
臭みがなくておいしー!あまいー!新鮮ー!
a0229217_14435911.jpg



メニュー板を見てお分かりのように、このコース25000ウォン、つまり
おひとりさま、せ、せ、1750円! 
きー!渡り蟹は安価だとはいえ価格破壊もええとこー! 興奮が冷めません。


ご飯には小豆も入っていました。
カニミソとご飯を混ぜて食べてもよし、豆類を味わいながら食すもよし。
a0229217_14441794.jpg




テーブル上は おしぼりやらお箸やら、お料理やらで散乱なうa0229217_14445245.jpg

キチャナイですがこんな感じで皿密度メチャ高し。



2人でビールを2本飲み干し、カニは完食しましたがもったいなくもパンチャン類は多く残してしまいました。
「ヌルンジにしますか?」と訊いてくれたけど、これ以上は無理だったので断りました。
ここの娘さんでしょうか、笑っておられて、ではと厨房に戻ってデザートを持って来てくれました。
a0229217_14463880.jpg

も、ぶっちゃけこれもハードかも~ だったけどせっかくなのでふた口で。
ってふた口かい~



+++



瓶ビールが4000ウォン(280円くらい)、家計簿つけてるようですが、
カンジャンケジャン定食が1750円
ちゅうことは、これだけ食べてひとり 2030円!
瞬間、韓国 住も、って思ったわ。
これだけ食べに日帰りでも来たい!って強く思ったわ。




OL3人組もいたし、サラリーマンたちも。会社帰りにフラ~と寄るんですね。
そんな彼らに加え、座敷ではファミリーが楽しそうにカニをつついており満員御礼、予約して正解でした。

ただ、、、お手洗いが屋外なのが唯一残念なところでした。
この左側を出たところがお手洗い
a0229217_1549502.jpg



ペーパーも流せず、それはいいんだけど備え付けのゴミ箱がテンコ盛り状態・・
これどこに捨てたらいいんだ!
置き場がないのでテンコ盛りの上にちょこんと乗せときました(←他に方法ないよね)
これはちょっとひどいです。文句言いたくなりましたヨ。


わたしの前に、前出のデザートを運んで来てくれたアガシが入室してタバコを吸ってましたの。 
店内は禁煙なのでその気持ちも分かるけど、吸うより先ずはゴミ箱を片付けなさい。
ここが日本ならクレームを言うところですが言えないもどかしさ (笑)
それどころかそんなことはおくびにも出さず
会計時に、チョンマル マシソッソヨ♪ なんて笑顔振りまいて言ったし。
っと、それは土産話として、最後に。
すごく気になったのが우럭찜(メバル蒸し)の30000ウォン(2200円)です。
カンジャンケジャンが25000ウォンだからいったいどんな代物が出てくるんでしょう。
何匹盛られてくるんだろぅ リピして確かめるだけの価値ありかも♪


+++


充実感に包まれて寒さも忘れ、このあとは眠らない街「東大門市場」へタクシーで向かいました。
ごめんね、まだ続くんです


あ、何度も言いますが、韓国で道を訊くなら「カップル」にね♪
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-11-27 15:27 |  ✈ ソウル 2012 11月
⑩韓国旅行 2日目 明洞歩き



寒かった三清洞/北村散策だったので一旦ホテルへ戻って休息しようと
北村路からタクシーを拾いました。
ホテルまで何キロか分かりませんが3100ウォン、日本円にして200円ちょい
タクシー代が飛び上がるほど安いので助かります。
支払いはTmoneyカードで
2キロまでの初乗り料金は2400ウォンということは約170円! やすー!

渡韓前にお友だちが、このタクシーはぼったくりされなかったですよ!と
この写真を送ってきてくれたんですが個人タクシーを選ぶ暇はなく一般タクシーに乗りました。

a0229217_13272952.jpg





昼食は、夜にはカンジャンケジャンが待っているので
節制してホテル近くのパリバゲットでこのピザパン1つだけ購入。
a0229217_13275045.jpg

単4の電池が置いてありますが、
「そうそう電子辞書を持って来たんだったわ」
いつもほとんど使うことないんですが、いざというときのためにリストに入れてます。
電池が切れそうで切れない、でも切れるときは容赦なくサヨナラされるので
ぼちぼちだろと踏み、交換電池を持ってきていました。
予感的中、なんと本当に辞書を開けると電池切れ。
(う~ん なかなかヤルねぇ~)思わず笑ったさ・・
旅行前に何度か使って電池消耗させたのに切れなかった、ちゅうのにこのイタズラも狙撃なみ (笑)




寒い寒いと連呼してた妹の具合はといいますと
2日目の午後になっても耳キーンは治まらず、
風邪ひきの上に輪をかけてその状態だったのでとてもつらそうでした。
せめて耳キーンさえ、本人も耳管を開かせようとありとあらゆる方法でトライしていて
このとき閃いたのが、耳かきしたら治るかも、でした (笑)
(もう何でもやってみ!)の気持ち、、
しかし、無類の耳かき好きなのに入れてくるのを忘れたと言う。
「薬局に買いに行こう」
ここで初めて電池を入れ替えてフルパワーになった電子辞書の出番です♪
でもショック~
辞書には「耳かき」が無い!
「耳かき」って韓国にないワード!? 
じゃ韓国人は耳かきのこと何て呼ぶん??
「耳かき」自体がもしかしたら大阪弁とか!?
結局わらかずじまいで電子辞書は今回もここ一番で役に立ちませんでした。




パンを食べ終え、小1時間休憩しコスメハンターと化すべく明洞に繰り出しました。
さっくり、一気に行っちゃいましょう
a0229217_13282762.jpg




おっと こんなところでお会いできるとは♪
さすがは大御所、「紳士の品格」らしく余裕のポーズです
a0229217_13285430.jpg
余談ですが、あのドラマ面白いです。




a0229217_13295637.jpg




ジャンボタクシーは案外高級感あります
a0229217_13301183.jpg




a0229217_13303589.jpg






数多あるコスメショップの中で一番たくさんオマケをくれたのがザセム1号店でした
a0229217_13313435.jpg
ザセム行くなら1号店♪




a0229217_13323950.jpg




a0229217_1333545.jpg




躍進を遂げているユニクロ
a0229217_13334585.jpg





あつぺこさん情報どおり、メトロホテルにほど近い、ここのレートが一番よかったです
a0229217_13344460.jpg
仁川空港では100円が1280ウォン
同じ明洞内のFXでは1366ウォン
そしてこのコンビニが1380ウォンでした。





秋の日はつるべ落とし、日が落ち、ライトアップされた市内はとても賑やかでした
a0229217_133847.jpg




もう少し明洞でブラブラしたかったけど時計を見たら予約時間の6時まであと15分しかありません! 
慌ててタクシーを拾って、いよいよ今旅行のメインイベント、渡りガニのもとへgo~♪
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-11-26 14:21 |  ✈ ソウル 2012 11月
⑨韓国旅行 2日目 三清洞/北村散策その2



旅行記はまだ2日目のお昼を少し回った頃までしかUPできてませんワ
3連休は予定があるし、ホンマ そのうち忘れてしまいそうな気がしてきた。。



三清洞の続きです。
ここはアートでモダンなお洒落カフェやアクセサリーのお店で賑わっていながらも
居住エリアである伝統家屋の「韓屋(한옥/ハノク)」が建ち並び
昔ながらの景観が楽しめる、みごたえ十分の観光地です。
李明博現大統領もここの生まれだそうで、
韓屋の中には入場料を支払うと見学可能なところもあるそうです
残念無念「入って生活ぶりを見てみたい」と思っていたのに
その情報を知ったのは帰国後、悔やまれます。

また、東に少し足を伸ばせば景福宮もあり文化的要素もたっぷりな場所、
総じて「韓屋村(한옥마을/ハノクマウル)」と呼ばれ国内外からの観光客で賑わいます。

a0229217_5281481.jpg






ゲストハウス
a0229217_5294394.jpg

ゲストハウスは36軒もあり、1度は宿泊したいと思うんですが
娘たちから「他人様の安眠妨害になるからダメ」とキツ~イ言葉をもらっており
自分でも納得しているのでその願いは叶いそうにありません。
ちなみに今回は(ホテルでしたが)妹とだったのでそのあたりの気遣いは無用でした♪



a0229217_633289.jpg




道なりに行くとひと際目を引くのがこの紅葉された木、なんだか雰囲気もよさげ
a0229217_5301813.jpg


邸宅やね~ なんてホレボレしながら前を通ると、お茶屋さんでしたか
a0229217_5303942.jpg

これもあとで知ったけどドラマのロケ地だったそう




ここだけでなく韓屋村では数々のドラマが撮影されてます。
わたしたちも中央高校からこれから行かんとする北村八景への道すがら、
トンミ薬局の前で機材を運んでいる人たちを発見♪ もしや、、、もしやドラマロケとか!
a0229217_531491.jpg



わかりにくいか。。
a0229217_5494221.jpg



ものごっつ期待してスローダウンしながら先を歩いていたら、やっぱり!
先遣部隊発見!
a0229217_5312678.jpg



ミーハー魂に火が点き、じぃーっと待つこと1分少々。てか早ッ!
なかなか始まりそうにないし、らしき俳優おらんし、ロケだとしても時間かかるやろね
普通の街頭インタビューかもしれんしねー(にしては機材が大掛かりな気もしますが)
もう少し粘ってみたかったけど、
写真では伝わらないですが無茶苦茶さむかったので目的地の北村六景へ。。



幼稚園。
a0229217_531501.jpg





その隣のお家。この周辺は北村三景です
a0229217_532610.jpg





淡色ばかりの中、とても目立った赤い車。
a0229217_5324077.jpg





博物館も4ヶ所あります。
a0229217_5331495.jpg

妹の体調がよければどこかには入ったでしょうに
「寒い・・ 寒い・・」と言い始めたので、「もうちょっとだけ我慢して・・」
引き返すにはもったいないところまで来たし、急ぎ六景を目指して進みました。


セレブの匂いがプンプン漂っています
a0229217_533399.jpg
この左の角を曲がるともうすぐ。




わたしたちもアガシたちと同じように弾けて記念撮影しました♪
a0229217_5335936.jpg
注:写真はわたしたちではありません (笑)




そしてようやく到着~♪
a0229217_5352770.jpg

高層ビルが集まるソウルの町並みが見えます♪
昔ながらの韓屋軒先から広がる世界は絶景です。
やっぱり1度は泊まってみよ、ここのゲストハウス~♪
なに、出入り禁止になるよ ってか~
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-11-23 05:57 |  ✈ ソウル 2012 11月
⑧韓国旅行 2日目 三清洞/北村散策その1




再度失敗しないよう予約投稿にしました。(でもそれより早くできたので予約投稿解除します)
それまでに作り上げないといけない焦りはあるけど無理なら時間変更したらいいしね。
激励のコメントやメッセージをくださったみなさま
慰めてもらって夜には全快していました。
ありがとうございました。
エキブロガーさんたちには
「プレビューボタンポチ時にはくれぐれも気をつけておくんしゃいね」



+++



毎日なんかしらん気忙しくて合間合間に写真を整理しながら選んでこれ作ってるんですが
500枚以上もある写真(撮りすぎた!)を見たらゾーっとして
今日はヤンピ~ と他のことをしていても、
はよせんと余計イヤなるで~
ともう1人のワタシが囁きます。追い払ってもまた現れて急き立てやる。
早く仕上げんと忘れていくのは分かってるのにできない。
でも、デジタル写真はありがたいですネ。時間は分かるし、日にちごとにファイル分けしてくれる♪
まぁ、パシャパシャ撮りすぎて最終的に500枚以上も量産してゾッとする落とし穴に嵌ってるんですが。

話が前後しますが、昨日はそんな中で作りかけたものがあと少しのところで魔法使いにやられてしまって
食事も喉を通らないくらい疲れましたワ
が、夕飯の牡蠣のジョンはオニ美味しかったです。




仁寺洞の次に行った三清洞(サムチョドン)・北村(プッチョン)界隈の写真もドエライ多いのと
また消えても悲しいのでちょいずつと小分けして載せることにしました。
ザ・ビギナーコースで物足らないと思いますがお付き合いくださいネ。
前回言い忘れましたけど、仁寺洞へ行くには乙支路から鐘閣まで歩いてもよかったんですが
前にクタクタになったこと、風邪引きさんのことを考えて地下鉄を利用しました。



仁寺洞キルを抜けると大きな交差点があるので渡って三清洞/北村へ。
とてもキレイに色づいてます♪ 
a0229217_8225680.jpg

道を挟んで右手に豊文女子高、徳成女子高、左手には徳成女子中学校があり、
まだ生徒を見たことはありませんが登下校時はいっそう華やかな通りになるんでしょうね




この頃にはお日様も照り始め、そうなると邪魔なのが未だ日の目を見ないビニール傘です
くっそぉ~ん 折り畳み傘にすればよかったよん。
a0229217_824974.jpg



a0229217_8242575.jpg



三清洞にはお洒落で可愛いカフェやハンドメイドアクセサリーのお店がたくさんあるので
目移りしながらの散策に期待大♪
何年も来てないので更にバージョンアップしてるはずです。
ウィンドウショッピングを楽しもうと、どんどん坂道を上っていきます
a0229217_825597.jpg




少し行くと人だかりが見えました。赤い服を着た案内嬢が道案内をしているもよう。
北村の韓屋迷路 (笑) で迷子になった経験ありのため、とりあえず聞いておこうと順番待ち。
a0229217_8251910.jpg


ところが、地図をもらい「どちらへ行かれますか?」の案内嬢の問いに
「あ、ここ」と指差したのは、韓流ブームの火付け役、ドラマ「冬のソナタ」のあの高校です。
「この中央高校へ行きたいんですけど」
ってなぜに今さらの冬のソナター!
中国からの留学生案内嬢には英語も交えながら詳しく教えてもらい、地図を片手に
キダリョ~チュンサン! キダリセヨ~ユジナ~
ここだけのハナシ、冬ソナ1話を観たときの衝撃は今もって忘れられず1話だけはたまに観ます。
ではでは中央高校までノンストップでgo!


前を歩く3ジャパニーズ 
a0229217_8253410.jpg
もしや中央高校へ? 
お若いのでそんなハズはありません。





a0229217_82659.jpg


a0229217_8264967.jpg


a0229217_8262979.jpg


a0229217_1420393.jpg


a0229217_827370.jpg




このポストの向き、投函しにくないやろか?
a0229217_8272352.jpg




このドン突きが中央高校です。
a0229217_8255186.jpg






着いた~! 青いトラックと同時に到着しました (笑)
a0229217_8274998.jpg

右端の女性が韓流ショップの女店主で、とにかく愛想がよろしくて
学校をバックに写真を撮ってあげる、と言ってくれたので
(何も買いませんけどごめんなさい)と心で詫びて2枚も撮ってもらいました。
よんさまファンだと思われたのか よんさまグッズを勧めはるんですが
ファンじゃないんですと丁重に断ると、K-POPは? ときた。
K-POPもあるよ、誰が好き? と続くので「ビッグバンとかです~」と言いながら
足早にその場から立ち去りました ミアナダ。



学校の向いにも、うたい文句が作文のようなショップがあります。
a0229217_12343058.jpg



平日なんで わたしらくらいやろと思いきや、なんのなんの 今でもこんなに人が訪れています。
サラリーマンはお昼ごはんへ行かれるのだろうけど。
a0229217_12345884.jpg
右側に居てはるオジサン、上の写真にも写っておられるが、ひょっとしてこちらの店主でしょうか (笑)




a0229217_13154786.jpg

↑チュンサンがもたれてタバコを吸った電信柱も、本屋さんも、ユジンの家もなくなってしまって
サミシイ感もあったけど、8年ぶりにここへ、それもガイド無しで来れて嬉しかったです♪
その反面、オサレ度がアップして町がすっかり変わってしまい、
この道端でシートいっぱいに唐辛子を広げ
ひとつずつ丁寧に下処理をしていた名も知らぬハルモニのことを思い出しもし
ちょびっとセンチメンタルな気持ちにもなりました。 秋のソナタちっくなこちらとはアンニョン。


a0229217_1415531.jpg




+++


最後に、また 황금알식당 (金の卵食堂)今度はセピアにしてみました。
a0229217_13422316.jpg

ん~ 今度行く機会があったらぜったい行こ。
追記:ドラマ「きらきら光る」のロケ地だったそうです。観てないけど。
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-11-22 13:51 |  ✈ ソウル 2012 11月
⑦番外編 そんなアホな・・




blogの続きを作ってて、あと写真3枚にちょこっとキャプション書いたらおしまい
ってとこでプレビュー押したら一瞬にしてページが変わった

2時間以上、いやもう4時ってことは3時間くらい費やしてる。泣きたい!
すっかり萎えてしまって今日は更新やめときます。てか、してる?



せっかく来てくれはったかたに申しわけないので
三清洞周辺で一番印象に残ったお店を載せときます

「황금알식당 ( 金の卵食堂)」
a0229217_1553359.jpg
雰囲気ありすぎ♪
メニューは、キムパッにスンデ、トッポッキにククスなどなど豊富です (笑)
行ってみたい♪




奉山斎(ボンサンジェ)   写真の木製看板の文字は左から読まないでね
a0229217_15571347.jpg
あとで知ったんですが
韓国伝統の漆塗り体験ができてカフェもあるよう
ここも時間を割いて行ってみたい。




ということでまた回復したらアップします
疲れましたー
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-11-21 16:00 |  ✈ ソウル 2012 11月
⑥韓国旅行 2日目 仁寺洞散策



早いものでソウルから帰って1週間が経ちました。
土曜日に妹に会ったとき「まだ韓国におるみたいで不思議な気持ち」と言うのよ~♪
ずいぶん長持ちしてなによりです。



さて。
翌日の帰国便は14時10分仁川国際空港発、
ソウルから仁川空港まで約1時間掛かるので10時半にはバスに乗らないといけません。
3日目は朝食を食べて明洞界隈をうろうろしておしまいだろうから
フルに遊べるのは、この2日目しかありません。
その日の朝に見た天気予報も傘マークだったので、土砂降りなら予定を大幅変更し
ナンタでも観て、あとは江南のCOEXモールでも行こうと考えていましたが
鉛色の空ではあるものの観光できそうだったので朝食を終え、その足で、
伝統茶と骨董品・古美術・ギャラリーの街、仁寺洞(インサドン 인사동)へ行きました。
前にも言いましたが大好きな町です。インサドンという地名の韻もチョアヨ。
インサドン・・ インサドン・・ インサドンッ♪  ん~チョア。



鐘閣(チョンガク 종각)駅で下りて、テクテク
a0229217_12472211.jpg





アジア以外からの観光客も多いです
a0229217_12492494.jpg





手作業による刺繍作品の素晴らしさにテンション上がる~ 買わずとも見応え十分です
a0229217_12511477.jpg
ウィンドウの右側につるされている白い魅力的なポジャギは
自宅用にしてもお土産として買える金額ではありませんでしたー





トリミングしたら浮かび上がります、鳩●氏の写真が。奥さまはいっとき韓流ファンでしたし?
a0229217_12545962.jpg





駄菓子屋さん
a0229217_12583457.jpg





伝統工芸品を見るのも、雑貨を買うもの好きなんですが姉妹でも好みの相違ありで
妹はさほど興味がないみたい。
工芸品だらけのビル、サムジキルへ寄りたかったけど
ひとたび入ってしまうと長時間かけてウィンドウショッピングをするクセがあるので
「どっちでもいいけどどうする?」と訊くと
「どっちでもいいよ」
「どっちでもいい、って、どうする?」
「どっちでもいいって~」
このやりとりが続き、このままでは埒が明かんので「決めて~」と訊いてみたところ
「じゃやめとこか」
と言われ、内心ガーンとなったけど 次の場所は「歩く」ので、ま、いい。
寄ればまたなにかしら買ってただろうし。




この日の最高気温は10℃ほどで太陽も隠れていてやたら寒く
妹の覇気も薄れていったのが見て取れたので、これじゃいかんわと発奮させ
「お茶でも飲んで休憩しょーか」
ガイドブックで見たお店がこの辺りにあったはずだけど
a0229217_1259135.jpg






あったあったありました。
今度は地図なしで行けました~! ほ、ほ、ホレボレします、こんなこともあるのね
「美術館の一角に佇む趣ある伝統家屋」の触れこみどおりの
「伝統茶院」(チョントンダウォン 전통다원)

a0229217_131193.jpg
チャングムを思い出させる甕が印象的




ここ、じつは美術館なんです。美術館敷地の中に茶寮が設えてあるそうです
a0229217_130571.jpg





敷地内に入ると静謐そのもの、時間もゆっくり流れているような気がします
東屋もあります。気候がよければ座るくらいしてきたのに無理、サムそうですやろ~
a0229217_1311410.jpg






店内に入ると趣あるインテリアに、旅先での緊張もほぐれ、
時間が許せるのであれば雑誌でも読みながら寛ぎたいところ。雑誌かい。

a0229217_1345366.jpg




できればオンドルのあるココに座りとぅございました。a0229217_1343177.jpg





一度鶴橋で独特なお茶を飲んだ経験のある妹は無難に緑茶を (笑) 、
わたしは 甘み・酸味・苦み・辛み・塩味の5味が堪能できるという五味子茶(オミジャチャ)を注文、
しかし苦味・辛味・塩味は感知せず甘酸っぱいのみでした
よく見かける、歯にくっつくお菓子(韓菓 ハングァ 한과 )も付いてます
a0229217_1371970.jpg
五味子茶7000ウォン。


緑茶葉は日本茶のように深緑色ではなく、くすみのある緑青色なのに
2杯目からは渋さが出てきました。
渋いお茶なんて、それも水臭くてイマイチ美味しさが分からない緑茶が多い韓国で久しぶりに口にしましたわ。。



記念に足あとを残して帰りました。
a0229217_13193990.jpg





お店を出てすぐのここで眼精疲労によいとされる菊花茶を買っときました。これは予定内。
まだ飲んでませんがそのうちまたアップします♪
a0229217_13233293.jpg





+++



ウィキペディアによると、
朝鮮王朝時代は両班(ヤンバン / 貴族)たちの屋敷が立ち並び
今でも古い韓屋がこの付近に多く残っているとのことです。
その後、困窮した両班たちが骨董品を売り払うお店を開き骨董品売買の街になったそうです。
ひとりで散策するならその韓屋周辺を観光したいけどそうはいかず、名残惜しいけどここでサヨナラ




地下鉄2号線 乙支路入口駅からの行き方は、
次の市庁駅まで乗車して1号線に乗り換え
鐘閣(チョンガク 종각)駅下車、3番出口へ。
・2号線から1号線へ乗り換えるときの立ち位置は 10両目-4 たしか最後尾の車両やね。

この地図ちょいとばかしキモチわるいかも・・
a0229217_13261117.jpg





+++



この先は、そうあそこしかありません♪ かなり寒いけどレッツラゴー♪
a0229217_1324294.jpg




伝統茶院 コネスト参考サイトは こちら です
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-11-20 13:46 |  ✈ ソウル 2012 11月
⑤韓国旅行 2日目朝食 干し鱈スープ



2日目の朝食は、
の前に~(またまた)
風邪ひき旅行で栄養ドリンクを飲んでもダメだったとき
最後の砦の思いで買った正官庄の紅蔘精ソフトカプセルを「効果なかった」
と先日チラっと言いましたが、初代ブログを見てみたら
「紅蔘精のおかげでひどくならなかった」ように書いてある。
へー そうだったのか。記憶とは曖昧なもんだわ
でも、おととい何を食べたか、いや、昨日のことでさえ思い出せないんだから当たり前ね。

高いけど今回もいっちょ買ってみるか、と南大門市場からの帰りに免税店で購入。
a0229217_1352098.jpg




オフシーズンのこの月は10%割引セール実施中、さらにVISAカード決済で5%割引なんだとか、
カードはなるべく使いたくなかったけどオッキイので仕方なく。。
そして ねーちゃんは妹に1箱プレゼントしたげました♪  毎日飲んでるそうヨ。
ちなみに姑パダジャさまにも1箱。



エキスの方が効きめはありますが、いかんせん飲みにくく、蓋の周りにエキスが固まってきて
間が空くと開けるのにひと苦労します。よってエキスの次に効果があるカプセルにしました。
a0229217_13522230.jpg



プチ学習いっときましょう (笑)
紅蔘精とは6年根の最高級の高麗人参のことで、成分含量は
・紅蔘エキス 32.6% 
・葡萄種子油 29.56% 
・小麦胚芽油、鹿茸TINC、霊芝濃縮液、ビタミンE
とあります。高麗人参のほかにリノール酸なんかも含まれているんですね



寄り道はそのへんにして、
朝食はすっかりメジゃーになった、弱った胃腸と美容にもいい干し鱈のスープを。
ここはホテルから歩いて行けるので大丈夫♪
写真を撮らずに行くと徒歩10分くらいで着きます。

a0229217_1354351.jpg


a0229217_13555573.jpg



オッパダック。チェーン店なのかよく見かけました。
a0229217_1353297.jpg
美味しいのかしら





プチ三十三間堂(爆)
a0229217_13532462.jpg






脅威の三星(サムソン)グループのビルヂング群
a0229217_13574571.jpg


幅をきかせ林立しているかと思いきや、
すぐ向かいの路地裏にはこんなお店が
a0229217_13543496.jpg

ソソラレますこういうの。きっと名店はあるはず。でも入っていく度胸はありましぇん。





はい、着きました 武橋洞プゴグッチッ(ムギョドンプゴグッチッ 무교동 북어국집)
a0229217_1359356.jpg
迷うことなく到着して内心嬉しくてたまらない♪



お店に入ると日本人でいっぱい、しかも女性グループばかりです。
韓国通のNさんに連れて来てもらったときは
日本人観光客はいなかったのにその後ガイドブックで紹介されてからメジャーになったようです。
体が温まって胃袋にしみわたるのを実感しますニダ。
メニューは ブゴヘジャンクッ(북어해장국)の一品のみ、6500ウォンです
a0229217_13592511.jpg


ここのアミの塩辛はゴマ油と絶妙に絡んで美味しいんだなぁ。
スープが物足らなかったら足して加減し、またご飯のお供にも。
わが家に常備したいくらい。何杯でも食べられそうなほど いい仕事しやります。
食の細い妹は残してましたが、わたしは完食しました。


チラっとですが、ニラのようなキムチがあるのが見えますか
この細いニラは、ヨンヤンブチュ(栄養ニラ 영양 부추)という 日本では見かけない品種で
ニラほど強いにおいもなく、軟らかくてとっても美味しかったです。
ワシャワシャ、キムチケースが空っぽになるほど食べてしまいました。
少し甘いのは 果汁で味付けされているのかしら。




大満足し、次は大好きな仁寺洞~
へ行く前に
昨夜惹かれながらも買い留まったSKⅡの化粧水を
「やっぱり買っとく」と妹が言うので付き合ってまた免税店へ。

a0229217_13595522.jpg



免税店って魔物の棲家です・・
観光もしたいのに、もうちょっともうちょっとと時間を費やし、
買う気もなかったけど口紅1本買ってるし。
MACの口紅が1600円、ま、それくらいならケンチャンチ?
って誰に訊いてますねん。



+++



武橋洞プゴグッチッ (メトロホテルからの道順、乙支路入口駅地下道を通過します)
a0229217_1425145.jpg



ソウルナビ関連サイトは こちら です
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-11-18 14:27 |  ✈ ソウル 2012 11月
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin