Top
なして なしてー



バラ園にて
a0229217_553028.jpg
まだつぼみが目立っていた頃






↓ 今日は長いヨ~



暖かい陽気とはいえ朝晩は冷えるので捻挫癖のある右足がだるくなってきました
困ったことに冬場は、歩き過ぎると手すりを持ってそろりとしか階段を下りられなくなるのです
先日、退院した長女一家がうちへ寄ったとき、
余ってる湿布剤があったらちょーだいと言ったら
「足、診ますよ」 と柔道整復師である娘むこさんが言ってくれました。

「いいって いいって!」
(だって毛処理してへんし!)
「こないだおとうさんに轢かれたの、どこです?」
「それはつま先やから大丈夫やねん」
「ちょ、ちょっと見せてください」
(だからー 爪もちょっと伸びてるし、、左足より右足の方が少し毛も濃いし出したくないわけよー)


きちゃないからいいってー 今度治療しに行くわ、と言っても
柔道整復師の血が許さないのでしょう
親切心に負けてしまい次の瞬間には右足を差し出していました。
ジャーン どーだ! 


しばらく診てもらううち、
わたしが勝手に思い込んでいた部位とは違う箇所が腫れているのを指摘され
軽く施術してもらいました
実はアッキーをフルで預かった初日の夜中、
懸念していたとおり ママに会いたい と言って大泣きされ
可哀想だし、ご近所迷惑もあるしラチがあかないため病院まで連れて行くことにした際
アッキーを抱っこしたまま下りた階段から落ちてしまったのです
下から3段目から踏み外してしまったのが捻挫癖のある右足でした
アッキーの重さを支えきれなかったのね
バッターン! あまりの衝撃に一瞬アッキーも泣き止み
このまま泣き止んでくれたらいいのに と祈ったけど、その切なる願いは即座に砕かれ
車を飛ばして病院へ行った次第です
(その後、夜には病院の鍵が掛かることを理解し泣かなくなりました)


で、腫れはどうやらそのときに負ったもの、
そこを庇ったせいで違う筋肉を使ったことでだるくなっている 
のようなことで、やはり治療しに行かんとあかんようです


そういうことがあって信楽での足轢かれ事件があったわけですが
インケツってどこまでも続くもので
1週間ほど前、アールのワンボックスカーの後部座席に乗ろうとしたら
ドアガラスの上部分で頭を強打してしまいました 
アブドラザブッチャーなら流血してたに違いない。
それほど痛く、頭髪があって本当によかったと思えました。
それから家に着き、今度はごま塩の袋を閉めているとき手が滑り
あっという間にキッチン床面は黒アリ状態~
続く不運に無情なアールはお腹を抱えて笑ってくれちゃうし


おでこには小梅ちゃん大の真っ赤な出来物が、かれこれ2週間ほどそのままかしら。
そうそう昨日のことなんだけど
花の金曜日だし まっすぐ家には帰りたくない♪
バイトを終えて前から気になっていた昭和レトロな雑貨屋さんへ
自転車で15分ほど走りました
お店には期待したモノはなかったのでそのまま帰ることにして走り出すと、
走った感覚がなんか変。
もしや・・ と後輪を見たら、まさかのパンクー。
近くに自転車屋さんもないので仕方なく自転車を押してトボトボ帰路についていると
暮れなずむ景色に悲しさも増し。。

も、も、参りました。 ええかげんに 「不運」から解き放してくれ~





西宮の空
a0229217_5532692.jpg






+++



張りを抑える点滴を外したのですぐにでも産まれるかと思っていた長女、
まだ陣痛はないようです
いつもアッキーを預かっていた週末は雨とのことだし
久々にのんびりできそうです♪



Top▲ | by leBelier813 | 2011-11-05 06:05 | 徒然つぶやき
<< 秋が深まる前の京都へ行ってきました | ページトップ | 病院食を参考に作れるでしょうか >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin