人気ブログランキング |
 
Top
キム子さんのキムチ比べ



モモツル地区へは市バス1本で行けることを思いついたので
これからはキムチのストックがなくなっても気軽に行けるのが嬉しいです


桃谷からの帰りはこのコースにしました。
実際は鶴橋から桃谷へ来たんですが、逆戻りで見てみますと、
市バス中川西公園前で降り、少し歩いて角を曲がると百済門が見えてきます
a0229217_154199.jpg




門へ到達する手前には平野川が流れています。
橋に立ち、右(北方向)を見ると猪飼野新橋(いかいのしんばし)が架かっているのが見えます
a0229217_15405573.jpg

「泥の河」っぽいけど、たけし映画「血と骨」を思い出します
ご参考までに → 猪飼野新橋プチ解説




百済門をくぐって、振り返るとこうなります
a0229217_15431293.jpg




キラリンさん一押しのキムチを買い、
そしてBSで放送されたこちらでも買い、タウンを抜けて鶴橋へ。
a0229217_15433345.jpg

って実際は鶴橋から桃谷だったことを改めて言っておきますが、、
巻き戻し劇は疲れますな。




面倒なので鶴橋商店街は一気載せ~
後ろ向いたはりますが、アリラン食堂前には名物ママの姿も。
a0229217_15472631.jpg
ヨン様も見えまんな。
え、地蔵盆のお提灯がこの季節に??
もういい。





お帽子どれがいいですか?
a0229217_15484786.jpg





働くハルモニ
a0229217_15494617.jpg





前回売り切れだった、こちらでもキムチを買い、
a0229217_15443192.jpg

カツオのたたきほど大好物でもないけれど
今後のためにも食べ比べてみないとネ
いや、考えてみたら冷蔵庫の中には常にキムチがいてますワ







10時半に鶴橋へ着いたときには
まだ開店前だったり、
a0229217_15453126.jpg




当然ベンチに人はいなかったり
a0229217_15454374.jpg




doi商店のスタッフたちは腹ごしらえ中だったりとカンサーンとしていました
a0229217_15461748.jpg







+++


さてさて気になる食べ比べ、利き酒ならぬキキキムチは、
左端から下へ、
①yama亀商店・ ②taka田商店・ ③karubiハウスので

a0229217_15583586.jpg



①は、あっさりとしていながらも旨味がある
②は、袋を開けたらプ~ンと発酵臭が漂ったのに食べると臭くない
③は、ヤンニョン多目でやや甘味がある感じ

と感じました。
ミスターは③のkarubiハウスのが一番好きらしいけど珍しくどれも魚臭くないので食べられると。
sen林のはアミの味が濃くて不評でしてん。



アバウトな値段比較(今回購入量)
①300g/500円 100g-167円(しかも漬けダレ水分多め)
②500g/500円 100g-100円
③300g/300円    〃



どれもそんなにバカ辛くなく日本人好みの味つけのようで美味しかったです。
③はパック入りを買ったせいか葉っぱばかりで芯部分が少なかったのが残念なところ、
子供の時分は葉っぱの方が好きやったのに芯がないとハナシになりまへん
というわけで、ひとつだけとなると僅差で①かな
そして、今回どのお店もお愛想が今一歩でした・・・うーん。。
③は支店が鶴橋にあるそうなのでミスターのためにはそちらで買うとします





で、最後に。
ついにひとつだけ買いましたー!
キムチケース
a0229217_1559438.jpg



しかしこんだけあるのでひとつだと足らん感じだわ
a0229217_16259.jpg


ただいま冷蔵庫を開けますと
非常に濃厚でソウリーな芳香が楽しめます♪
なんちゅうか、うん、オトナの香りやねー



モモツル物語、最後までお付き合いくださりありがとうございました!
Top▲ | by leBelier813 | 2012-06-09 16:27 | 大阪生野コリアタウン
<< 菖蒲園は気分をリフレッシュして... | ページトップ | 今里と、心がとり憑かれたままの... >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin