Top
こんな形で再再訪するとは




今年1月、食いしん坊倶楽部で播磨灘に浮かぶ坊勢島へ行きました。
そのとき出会ったフィッシャーUさんのこと、覚えてくれてはりますか
とても親切にしてもらい、3人ともファンになり、翌月には再訪する約束をし
そのときもまたたいへんお世話になりました。


そのフィッシャーUさんが3月に急逝なさっていたと
お嬢さんからこのブログにコメントが入り、知りました。
信じられない悲報に茫然としましたが、我に返ったときには
お参りに行きたい、の思いが押し寄せ、お嬢さんにその旨お伝えしたところ
快諾くださり、昨日 三人官女で島を訪れる機会に恵まれ行って来ました。


前回、前々回は冬だったので感傷的になりそうな坊勢島でしたが
昨日は海水浴やキャンプに訪れる若いファミリーたちで
さながらリゾート地のような賑わいを見せていました。


島に着くと船着場には奥様たちが迎えにきてくださっていて挨拶を交わしながら
フィッシャーUさんはもう居ないという実感が少し沸き
空虚な世界と真夏の景色が相まってなんとも異質な、
そしてやっぱり、ぽっかり穴が空いたような空虚感に包まれました。


大林監督の尾道三部作に登場するような
セミのユニゾン音が彩りをくわえる町並みに続く坂を上がるとU邸が見えてきます。


(Uさん、三人官女ですよ。
お会いしたのはたった2回だったけど本当にお世話になりありがとうございました。
もうお会いできないのは残念で仕方ありませんが
どうぞ安らかにおねむりください)
遺影にそう言って手を合わせました。



奥様が腕を揮ってくださったお料理の数々(しかも鱧ずくし!)に
舌鼓を打ちながら、
でもって、お嬢さんからの差し入れの大吟醸酒で喉を刺激しながら、
奥様が話される、在りし日のUさんの思い出話に耳を傾けました。
a0229217_7494757.jpg


a0229217_7495954.jpg


a0229217_750710.jpg



a0229217_7501715.jpg
こんなに新鮮な鱧が!
たくさんたくさんいただいたのだけど減らないこんなシチュエーションは
わが人生の最初で最後でしょう。




歓待モードにすっかり気をよくして、気がつけば
ひゃ もう船の時間やん! 間に合うやろか~!
ドタバタと支度を整え、慌てていたせいで仏前に「さよなら」の挨拶をし忘れ
手には 戴いた抱えきれないほどのお土産を持って お家を後にしました。




で、またカニの季節にいらしてください、という奥様の言葉に
「いいんですか~♪」
Uさんが愛したこの島へまた遊びに来ます、との思いを胸に
三人官女の特別な思い出になった1日は終わりました。


Uさんの奥様、東京のMさま、ご親戚のみなさま
手厚いもてなしに感謝申し上げます。
ありがとうございました。
あらためて
合掌



そのときのお話は こちら です
[PR]
Top▲ | by leBelier813 | 2012-07-30 08:00 | 食いしん坊倶楽部
<< ファン限定公開機能を使ってみる | ページトップ | ファン限定公開機能を使ってみる >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin