人気ブログランキング |
 
Top
神話の國 出雲へ ③須我神社と露天風呂



今年もなぜか新年限定の読書欲が高まってブログ放置状態になりそう
これじゃいかんがなー 忘れるがなー
ってことで気合入れて続けます。
で、そんなこんなの今日は、近くの老舗古本屋と古本市場をハシゴし
古本市場では 欲しかった『凍える牙』の続編『鎖』を105円で見つけ、相当喜びました。
こういうお店は事務的で味気ないけど今日ばかりは嬉しい。


一方、老舗の古本屋さんの店主は温厚そうなおじいちゃまで、
買った本をビチっと丁寧にクラフト紙で包装し、ビニール袋に入れてくださいます。
消費税もなし。
店主の服装はジャケット着用となかなかに渋くて一見頑固そうなのに、にこやかに
「はいどうもありがとうございました」と頭を下げてくださる。
気持ちのいい買い物ができる、わたしが密かに大切にしているお店です♪
場所? 千林よ~




+++




雪がひどくなってきたので鬼太郎たちとお別れしたはいいけど
チェックインの時間までまだ少しある。


出雲大社へ行こうと決めた少しあとにタイミングよくBSで特集を観ました。
出雲大社のほかに須我神社と玉作湯神社へ、ともさかりえが参詣に行ってました。

須我神社・八重垣神社・佐太神社・須佐神社・玉作湯神社
順に、守・幸・愛・良・美 の5つのご縁を授かるといわれる五神社のうち
わたしもBSのまんま踏襲してきました♪




まずは須我神社です
チョコはど~こだ? 
a0229217_2131542.jpg
答えは、左端です。小さくて黒く可愛い顔がありますでしょ
ゴミちゃうよ~




この神社は外せない
a0229217_21315799.jpg





というのもこの歌碑に刻まれているのが、なんと日本初の和歌だそうです
詠み人は、っと、人ではなく神様だった。
何を隠そう須佐之男命でござりまするー 
ははぁー

宮殿を造られたとき 美しい雲の立ち昇るのをご覧になられ
a0229217_21323423.jpg

「八雲立つ 出雲八重垣 つまごみに 八重垣つくる この八重垣を」
と歌われたようです。
不謹慎やけど、ロマンやね~♪
詳しくは須我神社サイトへどうぞ。





さほど興味もなさそうで退屈そうなミスターたち、お待たせやね
♪ちょうど時間となりました~
ようやく宿へ。GO!

安来苑さん
a0229217_21334278.jpg
前にも言いましたが島根県内では数軒、
この界隈ではおそらくこちらだけがワンコ同室可能だと思います




こちらが目印です (笑)  
a0229217_2134852.jpg






夕食まで時間があるので、ひとっ風呂浴びて来ました(鷺の湯温泉)
大浴場と無料の貸切露天風呂があります
三が日も過ぎ、お客さんもウチを含めて5組だったので
先客があっても少し待てば貸切露天が楽しめました
夕方は雪見露天、夜は満点の星空露天、黎明時もまた星空を眺めてのひとり温泉
極楽至極です。



少し脱線しますが、韓ドラを観ていると 自分ひとりなのに笑ってお茶を淹れたり
ニコニコ顔で洗濯物を干したりするシーンをよく目にします。
(普通、笑わんやろ~)意地悪く突っ込むことがあるんですが、謝ります。
あるね。あるある。あらいでか。
夜、2回目に入った時です。
目に入る景色は、庭園に積もる雪、輝く月、瞬く星。
それだけでも幸せなのにそこに小鳥が飛んで来て囀り始めました
そのとき気がつきました
わろてる・・。たったひとりやのに微笑んでる・・。
今度から気持ちを汲み取ってドラマ鑑賞しなければと反省しました。




そうだ写真だ! この絶景をブログにアップせねば! 
そう思い、翌朝入ったときに撮ったのがコチラ 
a0229217_21355853.jpg
ハハハ やっぱし無理でした。
残念にもほどがある写真ですが、月の下、西の空には獅子座がはっきりと見えました
頭上には今にも掬われそうなほどジャンボな北斗七星が見えました
見とれてプカプカ浮いてたらバランスを崩して岩にオチリをガツンとぶつけてしまい
とても痛かったです。童心に返るべからず。
和田の原 漕ぎ出でて見れば 久かたの 雲ゐにまがふ おけつイタイ
これこそ不謹慎やね 失礼しました。




+++



もうひとつの玉作湯神社は次回に。
須我神社のサイトは こちら です
Top▲ | by leBelier813 | 2013-01-12 21:58 |  ✈ 出雲 2013 1月
<< 神話の國 出雲へ ④愛が溢れる... | ページトップ | 神話の國 出雲へ ②水木しげるロード >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin