人気ブログランキング |
 
Top
タグ:仁寺洞 ( 1 ) タグの人気記事
Top▲ |
⑥韓国旅行 2日目 仁寺洞散策



早いものでソウルから帰って1週間が経ちました。
土曜日に妹に会ったとき「まだ韓国におるみたいで不思議な気持ち」と言うのよ~♪
ずいぶん長持ちしてなによりです。



さて。
翌日の帰国便は14時10分仁川国際空港発、
ソウルから仁川空港まで約1時間掛かるので10時半にはバスに乗らないといけません。
3日目は朝食を食べて明洞界隈をうろうろしておしまいだろうから
フルに遊べるのは、この2日目しかありません。
その日の朝に見た天気予報も傘マークだったので、土砂降りなら予定を大幅変更し
ナンタでも観て、あとは江南のCOEXモールでも行こうと考えていましたが
鉛色の空ではあるものの観光できそうだったので朝食を終え、その足で、
伝統茶と骨董品・古美術・ギャラリーの街、仁寺洞(インサドン 인사동)へ行きました。
前にも言いましたが大好きな町です。インサドンという地名の韻もチョアヨ。
インサドン・・ インサドン・・ インサドンッ♪  ん~チョア。



鐘閣(チョンガク 종각)駅で下りて、テクテク
a0229217_12472211.jpg





アジア以外からの観光客も多いです
a0229217_12492494.jpg





手作業による刺繍作品の素晴らしさにテンション上がる~ 買わずとも見応え十分です
a0229217_12511477.jpg
ウィンドウの右側につるされている白い魅力的なポジャギは
自宅用にしてもお土産として買える金額ではありませんでしたー





トリミングしたら浮かび上がります、鳩●氏の写真が。奥さまはいっとき韓流ファンでしたし?
a0229217_12545962.jpg





駄菓子屋さん
a0229217_12583457.jpg





伝統工芸品を見るのも、雑貨を買うもの好きなんですが姉妹でも好みの相違ありで
妹はさほど興味がないみたい。
工芸品だらけのビル、サムジキルへ寄りたかったけど
ひとたび入ってしまうと長時間かけてウィンドウショッピングをするクセがあるので
「どっちでもいいけどどうする?」と訊くと
「どっちでもいいよ」
「どっちでもいい、って、どうする?」
「どっちでもいいって~」
このやりとりが続き、このままでは埒が明かんので「決めて~」と訊いてみたところ
「じゃやめとこか」
と言われ、内心ガーンとなったけど 次の場所は「歩く」ので、ま、いい。
寄ればまたなにかしら買ってただろうし。




この日の最高気温は10℃ほどで太陽も隠れていてやたら寒く
妹の覇気も薄れていったのが見て取れたので、これじゃいかんわと発奮させ
「お茶でも飲んで休憩しょーか」
ガイドブックで見たお店がこの辺りにあったはずだけど
a0229217_1259135.jpg






あったあったありました。
今度は地図なしで行けました~! ほ、ほ、ホレボレします、こんなこともあるのね
「美術館の一角に佇む趣ある伝統家屋」の触れこみどおりの
「伝統茶院」(チョントンダウォン 전통다원)

a0229217_131193.jpg
チャングムを思い出させる甕が印象的




ここ、じつは美術館なんです。美術館敷地の中に茶寮が設えてあるそうです
a0229217_130571.jpg





敷地内に入ると静謐そのもの、時間もゆっくり流れているような気がします
東屋もあります。気候がよければ座るくらいしてきたのに無理、サムそうですやろ~
a0229217_1311410.jpg






店内に入ると趣あるインテリアに、旅先での緊張もほぐれ、
時間が許せるのであれば雑誌でも読みながら寛ぎたいところ。雑誌かい。

a0229217_1345366.jpg




できればオンドルのあるココに座りとぅございました。a0229217_1343177.jpg





一度鶴橋で独特なお茶を飲んだ経験のある妹は無難に緑茶を (笑) 、
わたしは 甘み・酸味・苦み・辛み・塩味の5味が堪能できるという五味子茶(オミジャチャ)を注文、
しかし苦味・辛味・塩味は感知せず甘酸っぱいのみでした
よく見かける、歯にくっつくお菓子(韓菓 ハングァ 한과 )も付いてます
a0229217_1371970.jpg
五味子茶7000ウォン。


緑茶葉は日本茶のように深緑色ではなく、くすみのある緑青色なのに
2杯目からは渋さが出てきました。
渋いお茶なんて、それも水臭くてイマイチ美味しさが分からない緑茶が多い韓国で久しぶりに口にしましたわ。。



記念に足あとを残して帰りました。
a0229217_13193990.jpg





お店を出てすぐのここで眼精疲労によいとされる菊花茶を買っときました。これは予定内。
まだ飲んでませんがそのうちまたアップします♪
a0229217_13233293.jpg





+++



ウィキペディアによると、
朝鮮王朝時代は両班(ヤンバン / 貴族)たちの屋敷が立ち並び
今でも古い韓屋がこの付近に多く残っているとのことです。
その後、困窮した両班たちが骨董品を売り払うお店を開き骨董品売買の街になったそうです。
ひとりで散策するならその韓屋周辺を観光したいけどそうはいかず、名残惜しいけどここでサヨナラ




地下鉄2号線 乙支路入口駅からの行き方は、
次の市庁駅まで乗車して1号線に乗り換え
鐘閣(チョンガク 종각)駅下車、3番出口へ。
・2号線から1号線へ乗り換えるときの立ち位置は 10両目-4 たしか最後尾の車両やね。

この地図ちょいとばかしキモチわるいかも・・
a0229217_13261117.jpg





+++



この先は、そうあそこしかありません♪ かなり寒いけどレッツラゴー♪
a0229217_1324294.jpg




伝統茶院 コネスト参考サイトは こちら です
Top▲ | by leBelier813 | 2012-11-20 13:46 |  ✈ ソウル 2012 11月
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin