人気ブログランキング |
 
Top
タグ:奥田英朗 ( 1 ) タグの人気記事
Top▲ |
今月の本棚と、モロモロ




年の前半はハイペースで進む読書も後半はさっぱり
アキショー、情けないけどここでも発揮。
そこで、自分に活を入れるのもおかしなハナシですが
その月に読み終えた本を載せることにしました。
これも続けて行く自信指数は20くらいと低めですけども。

a0229217_16481069.jpg
今月は9作品でした。


① 凍える牙     (乃南アサ)
② 小さいおうち   (中島京子)
③ アナザーフェイス (堂場瞬一)
④ 幻夜       (東野圭吾)
⑤ チーム      (堂場瞬一)
⑥ 風紋       (乃南アサ)上下巻
⑦ マドンナ     (奥田英朗)短編集
⑧ 鎖        (乃南アサ)上下巻
⑨ かばん屋の相続  (池井戸潤)短編集



乃南作品は、プロローグの時点から ぐいぐい引き込まれ、
すぐ目の前で事件現場、監禁現場を見ているかのごとく手に汗握るハラハラ緊迫感と
やり場のない苛立ちを覚えました。
「凍える牙」と続編(というよりはシリーズ化)の「鎖」は、
音道貴子刑事=あんまり好きじゃない女優のイメージを払拭できずで難儀したけど
頑張れ頑張れ!と応援しています。今じゃ、もうその女優以外考えられないようなハマり様。
連作短編集が多い、このシリーズは追いかけよう。



犯罪被害者の家族と加害者の家族を描いた、重いテーマの「風紋」は、
喪失したものがあまりにも多く、心を閉ざした女子高生(のちに大学生) 真裕子が
人によって立ち直っていくラストが救いでした。
傷ついた心は人の情によってのみ救われると聞いたことがあります。植物ラブから脱皮できそうで良かった。



チョイスした乃南作品は、面白い反面 続けて読むには精神的なタフさが要求されるので
そういう点でも「小さいおうち」「マドンナ」は清涼剤になり、ありがたかったです。
本のタイトルにもなっている奥田さんの「マドンナ」はバスの中で読みはじめ、
言い回しが面白くて笑いを堪えるのに苦労しました。
他に「総務は女房」「ボス」「パティオ」も良かった。
ハートウォーミングが期待できる池井戸作品は十八番の銀行員シリーズで、こちらも面白い。
中でも、タイトルの「かばん屋の相続」は唯一ウルっとしました。
似たような話聞いたことあるわ、、、実話を元にしたフィクションのよう。
今月の一冊は? と問われたら(訊かれることもないけど)
お料理や懐かしい話もてんこ盛り、そして、悔しいけどラストの意外さに脱帽した「小さいおうち」です。




------



ちょっとボヤ記。
「風紋」は図書館本だったのですが、
傍線が随所に引かれていて その都度
(ん。ここに感銘を受けたのだな)
(これが伏線になると読んだか)
などと無益な推測してみたり、
あるページに至っては、べっとり血のようなチョコレートのような汚れが大量に付着していて
気持ち悪りぃったらありゃしないでござったヨ
これだから図書館の本イヤやねんー
で、今一番読みたいのは古事記です。



本とは関係ないですが、現在 見ている韓国ドラマは、ジソブの『幽霊』オンリー。
だけど明日から『根の深い木』がスタートしますノダ。





+++




別ばな。
どうしたものか その1
お野菜を水切りするものなんですが。
a0229217_16163151.jpg

しばらく使ってなくて出したところ、ザルから何ともいえない臭気が漂ってきます...
洗濯物を干す、プラ製のタコ足も、使い続けていると独特のニオイがしてきます
あれと同じニオイ。くちゃいヨー!
漂白剤でイチコロにしてやろ、と試みたけど強敵、頑固なヤツでした。
あのニオイ除去できないのでしょうかね...
見かけはまだ十分キレイなので捨てるには忍びない。
使い道なんかないですかね トホホ







どうしたものか その2
昨年末のセールで買ったネパール製の手袋。
a0229217_16164338.jpg

親指にご注目ください。他の指のようにカットされていません
親切心なのでしょうが、これが不便極まりない。
お財布からお金を出すにもお母さん指たち4本はフリーなのに親指部分のせいで掴めない。
何のために親指部分保護してるんだろぅ? 
カットして毛糸で縫ってやろか

ってそんな器用なコトようせんのよ。。  トホホ
素手ってホントありがたいもんなんだなァ
Top▲ | by leBelier813 | 2013-01-31 17:24 | 映画・音楽 / 本 / 韓ドラ
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin