人気ブログランキング |
 
Top
タグ:赤目四十八滝 ( 1 ) タグの人気記事
Top▲ |
マイナスイオン注入@赤目四十八滝




真夏の間 活動休止にしてもらっていた食いしん坊倶楽部も
秋めいてきたところで再開です。
再開後、初の行き先は、
倶楽部の主旨から少々外れたハイキング@赤目四十八滝です。
ところが dvoさんがのっぴきならない事情で不参加となり、
山岳ひよこ隊2人は延期も視野に入れ 迷いましたが
お天気もいいしチケットも買ってあるので決行することにしました。
いつもおふたりに任せっきり、あなた任せが大好きなワタシですが
前夜慌てて、ちょちょっとリサーチを。
といっても、
全行程制覇するに往復3時間ほど要し、ゆっくりペースだとその倍は掛かる
ということくらいしか頭に入らずでしたが。
っと、この調子でいくと最後の滝まで辿り着けなくなるので端書はこのへんにしときます。



チラ見せ~。紅葉が始まっているのはこの木くらいでした。
a0229217_9514497.jpg





近鉄上本町から急行に乗ること約1時間で待ち合わせの赤目口に到着しました。
chidoriさんとも合流し、行楽日和の宿命 鮨詰めのバスに揺られて赤目滝バス停へ。
時刻は10時30分、ではではいざ参らむ♪
デジタル一眼レフを外気に当ててやるのは、ほぼ2ヶ月ぶりです。
三脚持参を断念したこともあり、滝の写真はそこそこでいいやと
最初から萎え萎えモードでしたが
chidoriさんがシルク調の滝写真を撮られているのを見て
こりゃいかんー!
焦燥感にさいなまれ、設定を変更。
しかし、なんとも情けないことに てんで分かりません。
chidoriさんに教えてもらってもカメラのメーカーが違うのでお手上げ、
こうなりゃミスターに訊くしかないと電話しても途中でプップーって切れちゃうし。
ようやく聴き取れた「Sや!」という言葉を頼りにダイヤル調整。ふー 疲れたわ もう。




スタート地点からわりにすぐのところに第1番目の「行者滝」があります。
が、写真は惨敗です。
また少し行くと不動明王が祀られてある下に赤目五瀑のひとつ、「不動滝」が。
でもこれもカメラ設定と格闘中につき、さらにショックな写真でしたのでスキップします..



八畳岩への道々、幾手にも分かれて流れます
前前日の雨のせいで水嵩が増したのか、
このあとも轟轟と音を立てながら流れる迫力あるシーンを何度も目の当たりにしました。
コワイくらい。。

a0229217_9532532.jpg


a0229217_106226.jpg




赤目五瀑の2つ目は「千手滝」
ここまで20分とありますが不手際が生んだロスタイムのため15分超過して到着。

a0229217_952495.jpg







続いてこれも赤目五瀑のひとつ、第3の滝は「布曳滝」

a0229217_9572519.jpg
見た目のシンプルさからは想像できませんが滝壷の深さは30mにも及ぶそう、
水の威力はすごいわー
うーん 設定が中途半端でシルク調にならず。。



ではー 滝の名前も分からないことですし一挙に。
a0229217_9594071.jpg





a0229217_100246.jpg





エメラルドグリーンの美しさに目を奪われました
a0229217_1001955.jpg





a0229217_1002964.jpg





a0229217_1005296.jpg




水清く澄み、空気は美味し。
a0229217_1012811.jpg

気持ちイ~~
もうこの言葉しか出てきません。




赤目五瀑の4つ目「荷担(にない)滝」
a0229217_10115785.jpg
ここは数名の三脚カメラマンが立ち止まって撮られてました。
わたしも気に入ったんですが粘ってもいいのが撮れないと分かり早々に退散しました




そして赤目五瀑の殿を務めるのは「琵琶滝」です

a0229217_1015592.jpg

琵琶に似ているそうだけど・・ これだと分からないですね

ここから最終の「巌窟滝」まであとひと息、そして到着。
しかしながら最後の写真はこれまたお粗末だったのでありません。
ひたすら黙黙と歩き続け、ここまで約2時間半、
「よちよちひよこ隊でも完遂しました」と隊長に報告したかったので
復路もガムバリました。所要時間4時間ほどでした。





見かけ倒しのやわなヤツで、
帰りは持病の足の痛みに襲われて滅入ったりもし、
それでも、ひとりでは到達できなかったゴールへの道のりは(たいそ?)
chidoriさんのポジティブパワーと、
渓谷に住んでいるであろう精霊たちのパワーをもらってなんとかクリアでき
思い出深いハイキングとなりました。




a0229217_10332641.jpg




足さえ丈夫ならハイキング、もっとできるのになァ。
chidoriさん、、、ほんまありがとう!
そしてdvoさん、今度はいっしょに参りましょうね!
「食いしん坊倶楽部」の本流、「食メイン」で~ (笑)
Top▲ | by leBelier813 | 2012-10-22 10:40 | 食いしん坊倶楽部
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin